そのへんの大学生。旅行とトレンドの日記。

飛行機・鉄道・バスのおトク情報とトレンドを発信!普通の大学生なので、更新頻度は月5回を目標にちまちまと執筆。

ソウル1【韓国線】日韓線エアソウルの搭乗率は!?

みなさん、こんにちは!今回は関空から韓国の首都ソウルまでエアソウルで行きます。飛行機をスカイスキャナーで調べてみたのですが、安かったのでその場で予約してしまいました。

 

【航空券料金】1,000円   
【現地税(日本事前徴収分)】2,600円 
燃油サーチャージ及び航空保険料】1,600円   
【国内空港使用料】3,100円   
【国際観光旅客税】1,000円

【キャンセルサポート】1,000円

【クーポン】-500円
 ------------------------------ -----------
                              9,800円でした。

これで往復料金ですよ笑笑

ホントに安い...!(ほぼ税金)

 

エアソウルはアシアナ航空が100%出資している子会社です。アシアナ航空の路線をそのままエアソウルに入れ替えて運行されています。LCCですがメインの第1ターミナルから出発します。それでは早速チェックインします。Bチェックインカウンターです。

 

09:55発 RS712便 関空ーソウル(仁川)

 

平日の搭乗1時間前ということもあって、カウンターは空いています。

f:id:firstabroad:20191203000027j:image

 

当日に手荷物を預けると40ドル(4,400円)ほどかかります。手荷物が多くなる方は飛行機を予約する際に申し込んでおくと安く済みます。

f:id:firstabroad:20191204225023j:image

 

サクッとチェックインできました。今回は北ウィングから出発します。
f:id:firstabroad:20191203000036j:image

 

9時半搭乗開始だったのですが、機内準備のため15分搭乗開始時間が遅れました。15分くらいなんで許容範囲です。
f:id:firstabroad:20191203000016j:image

 

白地の機体に青緑色のロゴが大きく書かれていて、一目でエアソウル便だとわかります。

f:id:firstabroad:20191203000128j:image

 

機内も青緑色を基調としていて、目に優しいと思います。

 

通路は1つしかないので、搭乗開始のアナウンスがあってから搭乗口に向かっていては機内がかなり混み合います。なので、何もすることがない人は早めに並んでおくことをおすすめします。私は15分前に並んで最初に乗ることができました。
f:id:firstabroad:20191203000139j:image

 

チェックインしたのがギリギリということもあって後列の通路側か前列の真ん中の席しか空いていませんでした。

 

なので、今回は通路側にしました。ですが私はトイレが近い人なので、空が見えなくてもなんら問題ないのです。
f:id:firstabroad:20191203000151j:image

 

座席ピッチはみなさんが想像しているLCCの鬼畜な狭さは全くありませんでした。FSCと変わらないと思います。
f:id:firstabroad:20191203000117j:image

 

テーブルは背面テーブルで前後に動かせます。個人用モニターがありますが、あまり機能しませんでした。というのもフライトマップと機内販売のコマーシャルが交互に出てきて背面のリモコンで操作することはできませんでした。フックとドリンクホルダーも用意されています。座席前のポケットにペットボトルを入れなくていいので、その分広く余裕を持って座れます。

私が個人的に嬉しかったのはUSBポートです!

今までいろんなLCCに乗ってきましたが、ある機材は初めてでした。ワイヤレスのイヤホンを充電しておきます。LCCですが座席周りは比較的充実していました。

f:id:firstabroad:20191205204250j:image

 

安全ビデオはコミカルでかわいいキャラクターが出てきておもしろいものでした。韓国のものってキャラクターをよく使っている印象です。

f:id:firstabroad:20191205173148j:image

 

リクライニングが地味な工夫がされていて私は驚きました!エコノミークラスなのでそこまで倒れませんが...

f:id:firstabroad:20191203000228j:image

 

座席がわずかに前にスライドしています。リクライニングを全開で倒すと後ろの乗客に迷惑になる時もしばしばありますが、この機能は空間を有効活用できているので、迷惑にならないと思うのでいいと思います!
f:id:firstabroad:20191203000239j:image

 

機体はA321-200です。他社ではベトジェットで多く使われています。

f:id:firstabroad:20191203000355j:image

 

機内食は有料で、おつまみ程度のものが注文できます。
f:id:firstabroad:20191203000406j:image
f:id:firstabroad:20191203000343j:image

 

トイレはこんな感じです。備え付けの石鹸も機能していましたし、お湯と水を簡単に切り替えることもできます。コンセントも用意されていました。
f:id:firstabroad:20191203000330j:image

 

搭乗開始の遅れのまま出発しました。

平日のど真ん中水曜日でしたが、機内は満席でした。年齢層は主に大学生、若夫婦が多かったです。離陸して30分過ぎで税関申告書と入国カードが配られました。

ささっと書いて寝ようと思います。
f:id:firstabroad:20191203075041j:image

 

仁川国際空港に到着いたしました!

コンコースターミナルに到着したので、入国審査場まで動く歩道を使ってもかなり遠いです。

f:id:firstabroad:20191203075131j:image

 

道なりに進んでいくとここに来ます。

仁川国際空港にはターミナルを結ぶ電車もあるみたいですね。関空のそれよりもかなり本格的です。
f:id:firstabroad:20191203075143j:image

 

仁川国際空港は入国スタンプの代わりに入国確認書が配られます。スタンプを省く空港が増えてきて、行った記録が付かないので、どこか寂しいところがありますよね。。
f:id:firstabroad:20191203075251j:image

 

無事入国です!
f:id:firstabroad:20191203075356j:image

 

まとめ

日韓を結ぶ航空会社はたくさんあります。LCCに関して言えばpeachよりもエアソウルの方が長けている点は私は多いと思います。日系LCCPeachが就航しています。Peachは前もって購入していたら安いです。しかし直前に購入すると割高でレガシーとあまり値段も変わらないこともあります。

一方韓国系のLCCは直前に購入しても高くないです。むしろ、売り切りセールを実施しているので、むしろ直前の方が安いです。

また第1ターミナルを使用していて座席間隔も悪くありません。ふと海外(特に韓国)に飛びたくなったら韓国系の会社を利用することをお勧めします。

読んでいただきありがとうございました!