そのへんの大学生。旅行とトレンドの日記。

飛行機・鉄道・バスのおトク情報とトレンドを発信!普通の大学生なので、更新頻度は月5回を目標にちまちまと執筆。

高雄6 【JAL派必見】チャイナエアラインで帰国!

f:id:firstabroad:20191206110258j:image

みなさん、こんにちは!今回は高雄空港から関西空港までチャイナエアラインを使って帰国したいと思います。

チャイナエアライン(中華航空)は台湾を拠点とする航空会社で、スカイチームに所属しております。日系のFSCであるANAJALはそれぞれスターアライアンスワンワールドに所属しております。

しかし、JALとは個別に提携を組んでいるので、JALの公式サイトから購入すれば、マイレージも貯めることができます!それ以外のサイトから予約してしまうと貯まらないのでご注意ください!

私は安く行くことをテーマにしているので、Trip.comで予約しました。

 

チェックインカウンターはMRTの駅から歩いて行くと奥の方にあります。

このBカウンターでチェックインしたいと思います。

 

15:35発 CI176便 高雄ー関空

 

f:id:firstabroad:20191114154717j:image

 

せっかくなので、自動チェックインに挑戦してみました!使うのは初めてです。。

画面左上の中華航空をタップします。
f:id:firstabroad:20191114154707j:image

 

手荷物に関する注意事項が書かれていますので、画面右下のボタンを押します。スプレー、モバイルバッテリー、花火、可燃性のあるものは受託できないので注意しましょう!モバイルバッテリーは機内持ち込むことで、この先も持ち歩くことができます。荷物を預ける前に入れ替えておきましょう。

f:id:firstabroad:20191114154655j:image
f:id:firstabroad:20191114154730j:image

 

確認が済めば、パスポートチェックがあるので、右下の「護照」を押します。
f:id:firstabroad:20191114154742j:image

 

パスポートの置き方は説明が図で書いてあるので、それに沿っておきます。自分の顔写真が写っているページを開けて奥に差し込みます。

f:id:firstabroad:20191114155313j:image

 

搭乗する便の確認があるので、確認ボタンをおします。

座席指定もできますが、もうすでに自動的に決められていました。座席指定「座位」ボタンを押すと...

f:id:firstabroad:20191114155347j:image

 

隣のB席だけ空いていました。座席マップ上より、ほぼ満席だとうかがえました。
f:id:firstabroad:20191118084430j:image

 

搭乗開始時間とゲートの案内があります。

f:id:firstabroad:20191114155144j:image

 

無事チケットをゲットできました。自動チェックイン機でしたので、ペラペラの紙ででてきました。有人のチェックインカウンターで手続きすると硬券で発券してくれると思います。f:id:firstabroad:20191114154848j:image

 

荷物検査と出国審査を終えると左右にウィングが分かれています。私の搭乗ゲートは21番なので右側に進みます。

 

出国ゲートを通過してすぐに売店はでてきません。ゆっくりとした足取りだと1.2分かかってやっと売店が見えてきます。

f:id:firstabroad:20191114155452j:image

 

免税店やレストランもある程度ありますが、かなりコンパクトにまとまれているのでショッピングしやすい構造だと思います。館内には自動販売機も設置されており、LCC利用の方にはいいサービスだと感じました。また搭乗ゲート付近には充電ポートがあり、マイクロUSBとiPhoneに対応していました。充電中は各部屋に分けられていて鍵をかけます。充電中のケータイを盗む犯罪がないので、防犯上良くていいと思います!

f:id:firstabroad:20191114155433j:image

 

21番搭乗口に来ました。近くの待合室で待っている方ほとんど日本人のようでした。スーツを着たビジネスマン、中年夫婦など、客層は比較的高めの印象でした。

f:id:firstabroad:20191114160127j:image

 

では搭乗します!!
f:id:firstabroad:20191114160139j:image

 

3人目に搭乗できたので、まだ乗客はほとんど乗っていません。ふじ色?ベースのやわらかな色を入れた機内です。

f:id:firstabroad:20191114160251j:image

 

今回お世話になる座席です。短距離のフライトですが、ヘッドホン、ブランケットが用意されていました。

機内は乾燥して冷えるので冷え性の方にはありがたいサービスだと思います!

 

座席にはまくらもあるので、乗り心地が良さそうです。
f:id:firstabroad:20191114160301j:image

 

今回の機体はB737-800です。チェジュ航空でも使われている機体です。

f:id:firstabroad:20191114160512j:image

 

FSCなので、もちろんLCCと比べて座席ピッチは81cmと広めに設定されています。Peachは74cmなので7cmも違います。

f:id:firstabroad:20191114160238j:image

 

テーブルは前後に動かせて、大きくて申し分ないと思います。

f:id:firstabroad:20191114160225j:image

 

肘かけにはリクライニングと音量とチャンネルを変えるボタンがあります。個人用モニターもないので、音量ボタンは使わない方が多いと思います。

 

コンセント、USBポートはありません。

f:id:firstabroad:20191114160404j:image

 

これくらい倒れます!
f:id:firstabroad:20191114160419j:image

 

座席の上部には個人用の冷房と照明があります。どちらも自由に向きを変えることができ、冷房は強さを変えることができます。
f:id:firstabroad:20191114160428j:image

 

トイレの水道は押すと水が出て、左右にひねると水温を変えることができます。備え付けの石鹸もクセが少なく、ユニバーサルで使いやすいものだと思います。

洗面器の下にトイレットペーパー、トイレ奥の鏡の下にティッシュがあります。

f:id:firstabroad:20191114160754j:image

 

定刻よりも10分早くドアが閉まりました。今回の搭乗率ですが、台湾の国慶節の影響ということもあってか3割ほどでした。高雄の人にこの便を認知してもらえれば搭乗率はもっと良くなるんじゃないかと思います。

 

離陸前に安全のビデオが流れます。個人用モニターはないのでみんなで仲良く見る感じです。
f:id:firstabroad:20191114160858j:image

 

離陸後、シートベルト着用サインが消えるとテレビが流れ始めました。日本線だからか、日本のチャンネルでした。個人用モニターはないので、チャンネルは変えることができません。
f:id:firstabroad:20191114160744j:image

 

用を済ませて席に戻ろうとすると、機内食の提供が始まっていました。通路は1本だけなので、正直いって人の流れは悪いです。離陸後スグに行くか、搭乗前に行っておきましょうね。

f:id:firstabroad:20191114160837j:image

 

機内食のメインを鶏肉か豚肉かが選べます。私は豚肉にしました。メインプレートには照り焼き風の豚肉の下にご飯、根菜、ピータンがありました。

 

豚肉はナイフとフォークがなくてもお箸で食べれるぐらい柔らかく調理されていました。ピータンはおそらく鶏の卵を使用しているものだと思われます。おいしかったです。キムチはあまり辛くなく、食べやすかったです!パンはふつうのパンですが、温かく、できたてのような味でした。多分おかわりもできたと思います。

ドリンクは7upを注文しました。希望すればワインも注文することもできますよ。

f:id:firstabroad:20191114160847j:image

 

食事を終えた頃にまたCAさんが機内サービスしてくれました。今度は食後のコーヒーです。機内食のある航空会社はめちゃくちゃ多いですが、コーヒーをこのタイミングで飲める航空会社は少ないと思います。

飛行機の揺れにはくれぐれも注意して飲みましょう。

f:id:firstabroad:20191114161106j:image

 

夕方前に出発した便ですが、すっかり日も暮れ夜に近づいてきました。東に向かって飛行しているので当たり前のことです。しかし、いつもより日の沈み方が早い現象は飛行機という乗り物が最も楽しめるので、それも飛行機のいいところだと感じます。

f:id:firstabroad:20191114161055j:image

 

予定よりも30分早く到着いたしました!偏西風の力は偉大です。

f:id:firstabroad:20191114161116j:image

 

まとめ

中華航空は台湾のフルサービスの航空会社で、日本の主要空港から台湾へ飛んでいます!スカイチーム所属の航空会社ですが、JALと提携をとっているので、JAL公式サイトから予約もできます。もちろんJALもマイルも貯まります。機内食も日本人の口にあった味付けで、美味しかったです。

短時間のフライトでしたが、なかなかお腹にたまりやすいしっかりめの機内食でした。20歳男の私でも、腹8分目にすることができました。

日系航空会社で台湾に行くのもいいですが、日系は予算的に厳しい...という方はチャイナエアラインの利用を検討してみてはいかがでしょうか?CAさんも日本語を話せるので、安心です!

運賃も日系ほど高くありませんよ!

読んでいだだきありがとうございました!!