そのへんの大学生。旅行とトレンドの日記。

飛行機・鉄道・バスのおトク情報とトレンドを発信!普通の大学生なので、更新頻度は月5回を目標にちまちまと執筆。

バリ島6 【いじめられてる?】タイエアアジアでバンコクへ】

みなさん、こんにちは。今回はタイエアアジアを使ってバンコクへ向かいたいと思います!

タイエアアジアは本家エアアジアのタイバージョンでバンコクのドンムアン国際空港を拠点にしています。エアアジアには国名のついた会社がたくさんありますが、これは離発着空港のどちらかが拠点空港のある国でないといけないという制度です。これを以遠権と言います。

このデメリットを逃れるためにエアアジアグループは各国にグループ会社を置き拠点空港をたくさん作ったのです。ということでバリ島ングラライ空港とを出発します!

 

タイエアアジア FD399便

ングラライ空港-ドンムアン空港

 

f:id:firstabroad:20190906201243j:image

空港名が書かれたオブジェがありました。バリ島は世界有数のリゾート地でもあってか空港までもインスタ映えを意識しているものと思います!


f:id:firstabroad:20190906201202j:image

空港内はきれいに整備されていました。バリ島らしくヒンズー教の寺院をモチーフにしたゲートから入りました。


f:id:firstabroad:20190906201215j:image

チェックイン前の2階です。2階には航空会社のオフィスがあり、売店などはほぼありませんでした。コンセントも一応ありましたが、電気につながっていなかったので使うことができませんでした。

 

f:id:firstabroad:20190907223921j:image

変わって3階は免税店、カフェ、ベンチなどがあり、多くの人が利用していました。ここにあるカフェを利用するとコンセントがあるので充電したい方はここでしましょう!  

 

f:id:firstabroad:20190906210542j:image

こちらはエアアジア専用の自動チェックイン機です。が、なぜか使えませんでした。残念です。せっかくなので使ってみたかったです。

 

f:id:firstabroad:20190908004244j:image

この空港の保安系のシステムは少し変わっています。チェックインする前に一度保安検査をしなければなりません。ですが、安心してください!この検査場を通過したからといって制限エリアから出られないということはありません!


f:id:firstabroad:20190906203808j:image

このように出ることもできます。ただし、一度出た場合はもう一度保安検査を受けなければならないので少し面倒かもしれません。

 

f:id:firstabroad:20190906202854j:image

ングラライ空港の出発便です。深夜にも関わらず多くの便が各方面へ出発していきます。

 

f:id:firstabroad:20190908005529j:image

タイエアアジアのチェックインカウンターはめちゃくちゃ分かりづらいです。そして本当に遠いです。他のチェックインカウンターから歩いて2分はかかります。LCCだからなのか、なんだかハミゴにされた気分です。Dチェックインカウンターの裏側の通路を抜けたところにあります。

 

f:id:firstabroad:20190906202158j:image

エアアジアの赤色がぎっしりです。日本語表記もあります。清潔感があっていいと思います。


f:id:firstabroad:20190906205429j:image

出発便が少ないこともあってチェックインカウンターは私以外誰もいませんでした。


f:id:firstabroad:20190906205423j:image

こちらで最終目的地関西国際空港までのチケットを発券してくれました。乗り継ぎ時間が短い時は本当に助かります!


f:id:firstabroad:20190906201951j:image

出国すると多くの免税店や売店があります。ウォーターサーバーもあるので、少し喉が乾いた時なんかにはいいですね。


f:id:firstabroad:20190906210629j:image

LCCの機内サービスは有料なので、事前にここで飲み物を買っておきましょう。

でないと喉が乾いてしまいますからね笑


f:id:firstabroad:20190906205443j:image

5番搭乗口から乗り込みます。LCCだからと言って出国審査場から一番離れているところの乗り場ではありませんでした。


f:id:firstabroad:20190906210649j:image

今回搭乗する機体です。


f:id:firstabroad:20190906201935j:image

LCCですが、ボーディングブリッジで搭乗することができます。

 

f:id:firstabroad:20190908011549j:image

革張りでクッション性がある座席です。 

 

f:id:firstabroad:20190906210736j:image

座席ピッチは公式ではPeachよりも広いことになっていますが、座席が分厚いせいか、ほとんどPeachと同じぐらいの足元の狭さでした。

 

f:id:firstabroad:20190906210725j:image

テーブルは背面テーブルで前後に動かすことはできますが、座席ピッチが狭いこともあり、動かさなくても使いやすいと思います。


f:id:firstabroad:20190908092214j:image
f:id:firstabroad:20190908092207j:image

座席の上にはA320らしく、個人用のクーラーと読書灯がついています。クーラーは向きと強さを変えることができるので、暑さに合わせて調整しましょう。また、読書灯の照準を変えることはできません。


f:id:firstabroad:20190906210748j:image

リクライニングですが、右の肘かけのボタンを押して倒します。座席ピッチが狭いので倒すときは後ろの方に一声かけるたほうがいいかと思います。

 

f:id:firstabroad:20190906210907j:image

機種はLCCではおなじみのA320-200でした。


f:id:firstabroad:20190908091741j:image

搭乗率は8割ほどでした。席が空いていたので移動されるお客様もちらほらいらっしゃいました。


f:id:firstabroad:20190906210931j:image
エアアジアでは事前に予約するととってもお得に食事を食べることができます。今回は深夜便なのでパスしようと思います。

 

f:id:firstabroad:20190906211101j:image

寝ていたらドンムアン国際空港に着きました!

到着すると沖止めでバスで入国審査場まで向かいます。ここのバスがとにかく寒かったです!

 

まとめ

今回は深夜便ということもあり、機内食もいらないのでLCCを使って移動しました。深夜便の際は普段フルサービスを使っている方もLCCで移動するのも経済的でいいかなと思います。ただし、身長175cmを超える方は脚が長い方は脚を伸ばしにくいと思うので、足元を伸ばせるホットシートを利用することをオススメします!

読んでいただきありがとうございました!