そのへんの大学生。旅行とトレンドの日記。

関西を中心としたコスト重視者向けの旅雑記。

長崎の街をザックリ観光してみた

長崎の街並みと観光名所をさくっと散策してみました。

 

まず結論から言うと、観光には体力が優れない方は市内を走っている路面電車を使うことをおすすめします!大人500円、子ども250円で乗り放題のきっぷもあります。運賃が一律130円なので、1日に4回以上乗られる方は乗り放題きっぷを使いましょう。

タクシーという選択肢もありますが、1km初乗り510円と、かなり高く設定されていました。大阪よりも高いです。。短距離でも需要がある、坂が多い街長崎ならではの値段設定なのでしょう。私はエコノミーな旅をしたかったので、徒歩で観光しました笑


大まかな観光の流れ

  1. 眼鏡橋
  2. 出島
  3. オランダ坂
  4. ちゃんぽん発祥の店
  5. 大浦天主堂

 

  1. 市内から歩いて15分、まずは眼鏡橋に向かいます。川に映った影と実際の橋が合わさったものがメガネに見えることからこの名前になったそうです。眼鏡橋自体はあまり魅力的ではなく、はっきりいうとがっかりスポットです。。6月の時期は川沿いに花が咲いております。

f:id:firstabroad:20190608122740j:image

ですが、眼鏡橋近くの川辺にはたくさんの花々が咲いております!わざわざ植物園などに行かなくても満足できるようなキレイさです。

f:id:firstabroad:20190608122817j:image

ポップコーンとはどういうことなのでしょうか。花の名前なのでしょうか?気になるところです笑

 

2.眼鏡橋から歩いて15分、出島へ向かいました。出島へは入場券500円が必要です。

f:id:firstabroad:20190608123430j:image
f:id:firstabroad:20190608123427j:image

長崎に西洋ものを持ってきたオランダ人の様子がうかがえます。


3. 出島から歩いて15分、オランダ坂に到着です。この坂は本当にヤバいです!心臓やぶりの坂だと思います。アマチュアのマラソン大会でも開催したら、選手もひとたまりもなさそうです。

f:id:firstabroad:20190608123036j:image

 

4.オランダ坂から坂を下って5分、ちゃんぽん発祥の店「四海樓」でちゃんぽんを頂きました。5階がレストランなのですが、2階にはちゃんぽんの歴史が紹介されているプチ博物館がありました。

f:id:firstabroad:20190608123119j:image

入場無料なので、ついでに行ってみてはいかがでしょうか?5階へエレベーターで上がります。

f:id:firstabroad:20190608123144j:image

見事なオーシャンビューです!

f:id:firstabroad:20190608123205j:image

18時ごろにうかがったので、かなり空いてました笑 ここのちゃんぽんは野菜と海鮮がたっぷりで栄養満点です!1杯食べただけで、満腹になります。(税込1,100円)


5. 四海樓から坂を上って10分、大浦天主堂に着きました。2017年に世界遺産に登録されたばかりのところです。

f:id:firstabroad:20190608123220j:image

営業時間は18時までです。時刻は19時です。残念ながら中に入ることができませんでした。

 

まとめ

長崎市内は比較的コンパクトなので、散策や有名どころの観光程度なら、半日で充分楽しむことが出来ます!ただ、坂が非常に急なので頻繁に路面電車を使うと翌日に疲れを持ち越さないのでおすすめです。

⬇︎今回宿泊した宿です。8人1部屋ドミトリー。シャワーと朝食付きで約2,500円

f:id:firstabroad:20190608123245j:image

読んでいただきありがとうございました。

次回もご覧ください!