そのへんの大学生。旅行とトレンドの日記。

関西を中心としたコスト重視者向けの旅雑記。

新幹線の隣を走る在来線!? 秋田〜盛岡 普通列車乗車記

北東北の都市、秋田。

今回は秋田から盛岡まで行きたいと思います!

盛岡に着いた後、先の釜石まで乗車する予定なので、秋田駅から青春18きっぷを利用します。

そのため、秋田新幹線に乗ることができません。

ですが、この区間は新幹線と言っても在来線の隣・共通の線路を走るため200kmを超えるような高速運転はできません。

つまり、在来線の特急と同じ速度でしか走らないのです。

そのせいもあって在来線は2時間半、新幹線でも1時間ほどと、あまり差がありません。

18きっぷと新幹線特急券は併用できず、今回の時刻表的に新幹線に乗っても着く時間が同じだったため、普通列車で行くことにします。

 

朝5時50分、秋田駅からピンク色の電車に乗り込みます。

新庄行きですが、途中の大曲で下車します。

秋田盛岡間を普通列車で移動する際には必ずこの駅で乗り換えないといけないのです。その理由は、線路の幅が異なるからです。

秋田大曲間の普通列車は新幹線のレールの隣を走ります。

 

ところが、大曲盛岡間は線路が1本しかありません。

そこで、新幹線用のレールに対応した普通列車に乗り継いで盛岡まで行くことになるのです!

5:54発 普通列車 盛岡行き 全区間乗車

f:id:firstabroad:20200821060006j:image

 

向こうに見えるのは、15分後に発車する始発の秋田新幹線です。この新幹線に乗っても

普通列車が大曲に到着する前に追い抜く予定です。

f:id:firstabroad:20200821060101j:image

 

秋田出発から35分後、刈和野駅に到着。

この駅に停車している途中に、追いかけてきていた秋田新幹線に追い抜かれます。

在来線の横を新幹線が通るのは非常に違和感です。

f:id:firstabroad:20200825221428j:image

 

出発から50分。大曲駅に到着。

この地域は夏になると花火で有名になります。

同時に田沢湖さんの終点でもあります。

f:id:firstabroad:20200821065728j:image

 

同じホームでの乗り換えのため、煩わしさはありません。ここから新幹線と同じ幅のレールを使った普通列車に乗り換えて盛岡まで向かいます。

学生も多かったです。

これを逃してしますと、次の普通列車は4時間後の午前11時。

みんな同じ列車に乗るのは当たり前で、逆に乗っていないとヤバいことになるのでしょう。

f:id:firstabroad:20200821065710j:image

 

列車は立ち客もいるほどの乗車率。

車窓写真左側が一般的な在来線のレール。今走っているのが新幹線のレール。

少し後者の方が広いのがわかるかと思います。

f:id:firstabroad:20200825165110j:image

 

角館駅でほぼ全員の学生が降車したため、座席に座ることができました。

f:id:firstabroad:20200821081153j:image

 

雫石駅に到着。

単線のため、列車との行き違いもあります。

この駅ではE6系秋田新幹線の列車とすれ違いがありました。

音を立てずにスーっと通過して行きました。
f:id:firstabroad:20200821081140j:image

 

盛岡駅到着前、在来線と新幹線が分岐します。

単線だった線路がこのようになります。

秋田新幹線は左方向に分岐し、東北新幹線ホームへと合流するのです。

一方在来線は在来線のホームに到着します。

f:id:firstabroad:20200825161844j:image

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブルネイ5 観光は半日で十分!!東洋のベネチアも!

ブルネイ旅行2日目です。

 

今日はホテルを離れ、街の中心を観光しようと思います!

 

前回紹介したホテルシャトルバスを使って移動しようと思います。

f:id:firstabroad:20200701164718j:image

 

ホテルの前にはこのようなマイクロバスが止まっていました。

35分ほどかかると案内されましたが、交通状況が非常によく、20分ほどで到着しました。

片道10ブルネイドルです。

f:id:firstabroad:20200701165246j:image

 

バス停近くのケンタッキーでお昼ご飯。

この日は土曜日。

地元のお客さんも多くいました。

東南アジアらしく、ライス系のメニューもありました。

f:id:firstabroad:20200701164951j:image

 

お昼ご飯を食べていよいよ散策。

街には人通りがありません。

考えるとこの日の気温は30度を超えており非常に暑い日でした。(いつでも暑い)長時間いると溶けてしまうぐらいの暑さです。

近くにそれなりの大きさのスーパーもあるので、水を忘れた際も、水分補給の面では安心です。

だから地元の人は徒歩ではなく、短距離の移動でもクルマを使って移動すると考えられます。

f:id:firstabroad:20200701164832j:image

 

溶けそうになりながら散策しているとこんなものが!

2020年、ブルネイは建国36周年を記念してこのモニュメントが建てられたそうです。

36周年ってすごく中途半端な気もするのですが笑

なにか特別な意味があるのでしょうか?

f:id:firstabroad:20200701164743j:image

 

そのあと、1ブルネイドル払い、水上集落カンポンアイールに向かいます。

これこそが東洋のベネチアなのです!!

ちなみに、運転手はお釣りを持っていないので、1ドル札を持っておきましょう。

f:id:firstabroad:20200701164806j:image

 

海の上に住宅があり、この地域には学校は病院、さらにはイスラム教メッカなどもあり、生活する上で必要なサービスは集落内で完結できます。

 

ちなみに固定資産税(土地を所有したらかかる税金)に関してですが、ブルネイには税金が存在しないので、それもありません。

うらやましい...!!!

f:id:firstabroad:20200701164910j:image

 

おそらく、本土に引っ越したのでしょうか?

土台だけが残っています。

f:id:firstabroad:20200701164647j:image

 

観光案内所にちょっとした展望台があったので登ってみました。

集落はこんな感じ。

道も仮設のスノコのようなところで非常に不安定です。

女性の方は絶対ヒールで来ない方がよいです。
f:id:firstabroad:20200701164820j:image

 

観光案内所の入り口。
f:id:firstabroad:20200701164757j:image

 

水上集落ができた沿革がわかります。

英語表記ですが、写真もあるので、フィーリングで内容はある程度読み取ることができます。
f:id:firstabroad:20200701164859j:image

 

集落にニュータウン的住宅地がありました。

どの家も瓜二つです。
f:id:firstabroad:20200701164938j:image

 

集落観光を終え、本土へ。

夕方になると、モスクが輝いてきます。

ブルネイのものにはフレームがあるため、一層モスクが映えます。
f:id:firstabroad:20200701164848j:image

 

モスクの中。

中はイスラム教徒の方しか入ることができません。

入り口ギリギリの所から撮ったのですが、

非常に空気が冷えておりました。

本当はここにずっといて涼みたかったのですが、神聖な場所でそんなことはできるわけもなく、すぐ後にしました。

f:id:firstabroad:20200701164923j:image

 

モスクは見る時間や角度によって顔を変えてきます。

正面からは見たモスクは堂々としており、

遠くから見たモスクはどこか神秘的です。

日がもう少し落ちるとライトアップし、さらに神秘的です。
f:id:firstabroad:20200701164730j:image
f:id:firstabroad:20200701164636j:image

f:id:firstabroad:20200701164708j:image

↑帰りのシャトルバス内から撮影

 

他のガイドブックに書いてある通り、ブルネイ観光はこのモスクがメインであり、周辺施設との距離も離れていないため徒歩での観光が主流です。

また暑さが非常に厳しく、市街地においては日陰も少ないため水分補給は十二分にしておくことをおすすめします。

またタクシーも国内に50台ほどしか走っていないので、宿泊地と市内地のバスを運行している宿泊地を予約するべきです。

 

読んでいただきありがとうございました!

【三密対策】市内から1時間の自然!赤目四十八滝散策記

旅行したいけど、コロナは怖い。

そこで、関西郊外にあるおすすめの自然スポットを紹介したいと思います!

 

それは、赤目四十八滝です。

ここまでの往復切符は近鉄が割引きっぷを販売しています。

https://www.kintetsu.co.jp/senden/Railway/Ticket/akame/

その購入のためには、窓口に行かなくてはなりません。

私は鶴橋駅から近鉄線に乗り込むことになりました。

しかし、JR線との連絡改札口の中でも外回り方面のホームにしか近鉄線の窓口がないので、そこまで向かいます。

 

こうやってICOCAで支払えると思っていたのですが、ダメでした。

現金かクレジットカード払いでの対応です。

f:id:firstabroad:20200807090213j:image

 

中身はこんな感じ。

鶴橋駅から赤目口駅間の往復きっぷ・赤目口駅から滝までの往復バスきっぷ・入山チケット引換券・お土産等が割引になるチケットが入っていました。

f:id:firstabroad:20200807091221j:image

 

一番前の車両が鮮魚列車のものに偶然遭遇。

この快速急行に1時間揺られ、向かいます。

f:id:firstabroad:20200807100423j:image

 

中には入れません。

魚の絵のラッピングがされています。

f:id:firstabroad:20200807100437j:image

 

鶴橋出発から59分後、赤目口駅に到着しました。

大阪市内から1時間以内で行けるのは、快速急行ならではのメリットです。

f:id:firstabroad:20200807100714j:image

 

連絡の良いバスがあるので、乗り込みます。

シニア、こども連れの家族が多く、バスの座席は満席になりました。

f:id:firstabroad:20200807100701j:image

 

麓に到着しました。

バスの本数が片手で数えられる程度なので、バスの時刻は必ず確認しましょう!

f:id:firstabroad:20200807155025j:image

 

せっかくなので、滝で食べる用のお弁当を買います。

かなり売れていて店頭に並べられていなかったので、出来立てを作っていただきました。

ありがとうございます。

f:id:firstabroad:20200807102243j:image

 

入山の際、地元の高校生が名張市マーケティング調査を行っていました。

話を聞いていると、コロナウイルスを避けようとしている観光客が多く来ているとのことです。

お礼にのど飴をいただきました。

f:id:firstabroad:20200807150428j:image

 

これより先は自販機がないので、飲み物を買っておくことを強くおすすめします。

f:id:firstabroad:20200807102736j:image

 

こんな感じの透き通った水で、名水百選にも選ばれているぐらいです。

f:id:firstabroad:20200807150759j:image

 

山の端から端までは3.2kmあり、往復約7キロあります。

結論から言うと、一番奥の岩窟滝まで行くと、早足でも往復5時間ぐらいかかりました。

このように、要所要所で滝スポットがどこにあるかを示す地図があるので、自分の体力に合わせて目標の滝を設定することをおすすめします。

f:id:firstabroad:20200807150845j:image

 

中間時点でお昼を食べます。

入山前に下の売店で買った「和弁当」500円です。

ご飯も冷たくなく、梅干しの種も入っていなかったので山中では非常に食べやすかったです。

特に、山菜の天ぷらが美味しかったです。

f:id:firstabroad:20200807153800j:image

f:id:firstabroad:20200807150810j:image

 

さらに奥に進むと骸骨滝がありました。

骸骨に見える滝らしいのですが...?笑笑

f:id:firstabroad:20200807150915j:image

 

正午、最奥の岩窟滝に到着しました!

特にゴールらしい見どころはないですが、一番奥地まで行った達成感は本物です。

f:id:firstabroad:20200807154432j:image

 

下山後、お弁当を買った店で赤目名物のくさ餅を食べました。

たっぷり粒餡がはいっており、食べごたえがありました。

f:id:firstabroad:20200807150941j:image

 

14:45発のバスに乗って赤目口駅に戻ってきました!

f:id:firstabroad:20200807150953j:image

 

まとめ

滝壺に落ちる水の音・川の流れなどの自然のBGMと透き通った水が日常生活を忘れさせてくれました。

もっと注目されてもいいのに、超有名スポットでもないのがとても勿体ないと感じました。。

大阪から1時間、名古屋からでも特急を使えば90分でアクセスできます。

日頃の嫌なことを忘れられるスポットだと思うのでぜひ!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブルネイ4【7つ星ホテル】ザエンパイアブルネイホテルに2泊した話

5つ星ホテル。ランク付けで一般的に高いと言われているホテルです。

ちなみに、東京の5つ星ホテルの平均価格は1泊6万円と世界でもトップ10に入るほどです。

最も安いマレーシア・クアラルンプールでも18,000円ほどかかります。

 

世界で数多ある5つ星ホテルですが、ここブルネイにはそれらを超えるホテルがあるのです。

それは...

 

7つ星ホテル」の「ザエンパイアブルネイ」です!

7つ星は世界でもブルネイとドバイにしかなく、今回はそのなかのブルネイに泊まります。

 

なぜブルネイなのかというとズバリ宿泊料金が安いからです。

 

2人で2泊で70,361円です。

(agodaでは予約後に別サイトでより安い料金を見つけるとその価格で泊まることができます。【ベストプライス保証】)

1人1泊あたり17,000円です。

普通のホテルと考えるとかなり高いですが、ここは7つ星ホテルです。

この記事では7つ星ホテルではどんなサービスがあるのかを紹介しようと思います!

f:id:firstabroad:20200719105036j:image

 

ブルネイ空港からホテルまでは有料のタクシーがあります。

片道10ブルネイドルでした。

トヨタのセダン車で高級感のある車でした。

 

ホテルに到着。

f:id:firstabroad:20200629093027j:image

 

ホテルに入る前に張り紙が。

金曜日はブルネイの国家規制により、正午から14時までの2時間、レストランを含む施設が閉まるそうです。

イスラム教信者とって、金曜日は聖なる日であり、どんな用事よりも礼拝を大事にするそうです。

 

 

 

いよいよホテルに入ります...!!
f:id:firstabroad:20200629093051j:image

 

今回は最高級のデラックスルームを予約しています。

天井が高い!!そしてゴージャス!!

窓のカーテンはレースカーテンと遮光付カーテンがあります。

しかも全てベッドのボタンで調整できる電動です!

f:id:firstabroad:20200629093103j:image

 

水回りは大理石調でものすごく高級感があり、正直落ち着きません。笑笑

また大人ひとり入るぐらいの浴槽まで備え付けられています!

(実際には使いませんでしたが)

 

ブラインドを開けると、見事なオーシャンビューが見えます。
f:id:firstabroad:20200629092915j:image

 

浴槽もあるのですが、シャワーもちろんあります。

海外ホテルあるあるの透明ガラスのシャワーです。

これはエロチックを演出でもなんでもなく、空間を開放的に見せたり、実際の床面積を増やすために工夫しているらしいです。

f:id:firstabroad:20200629093234j:image

 

トイレはなんの変哲もありません。
f:id:firstabroad:20200629093040j:image

 

前述した部屋のレースカーテンと遮光付きカーテンはベッドの前にあるボタンで調節できます。

それのみならず、目覚まし時計、ライト、エアコンなど、あらゆる空間調節をここで完結できます!!

最新式のアパホテルはベッド前にボタンが集約されていますが、それの巨大版というところでしょうか?

 

ちなみに内線4番を押すだけでフロントと会話ができます。

英語も日本人慣れしているスタンダードなイントネーション。もちろん日本語は不可です。f:id:firstabroad:20200629093003j:image

 

ミニバーを見ます。

コーラはペプシとコカコーラの2種類。水もおしゃれにトニックウォーターです。

おまけにミロとエビ風味のスナックまでありました。

このスナック、とても美味しかったので、通販で買いたいと思います。笑笑

 

また夜になると、スタッフがドリンク補充のために部屋を訪れてきました。

私たちは水を補充してもらいました。

翌晩になる前に補充サービスがあるところは、きめ細やかなサービスすぎてびっくりでした。

f:id:firstabroad:20200629093015j:image

 

〜その他〜

・デスクにはコンセントはもちろん、その引き出しには変換プラグも用意されていました。世界中のお客様を出迎えているという感じがします。

 

 

このホテルからブルネイの中心地までシャトルバスが走っています。

いちいちタクシーを手配しなくても、このバスで行けるので便利ですね!

予約制なので、事前にベッド上の電話で予約しておくようにしましょう。

私たちは予約制ということを知らず、直接ロビーのシャトルバス乗り場に行きましたが、ベルボーイが代わりに予約してくれました。

f:id:firstabroad:20200629092950j:image

 

リゾートの地図です。

私たちは②のエリアの部屋に宿泊します。

どの施設がどこにあるかは地図に直接書き込んであるのでご覧ください。

和洋折衷のレストランはもちろん、プール、ゴルフ場、さらには映画館まであります。

本当に至れり尽くせりのホテルでございます。。

f:id:firstabroad:20200629093141j:image

 

ホテルの部屋からの眺望
f:id:firstabroad:20200629093222j:image

 

プール。

浜辺を意識したプールで、密には絶対ならないようなところでした。

当時、利用者は私たちとあと1組しかいなかったので、自由に過ごすことができました。

f:id:firstabroad:20200629093126j:image

 

これも海と思いきや、プール。
f:id:firstabroad:20200629092929j:image

 

夕方になると見事な太平洋のサンセット。
f:id:firstabroad:20200629092940j:image

 

到着初日は午後4時ごろだったので、部屋を存分に楽しんでいました。

日も暮れて気がつけば20時だったのでリゾート内の和食レストランに行こうと思います。
f:id:firstabroad:20200629092903j:image

 

店内には私たちと欧米系のグループ一組だけだったので、非常に静かでした。f:id:firstabroad:20200629093206j:image

 

写真右側は全てドリンクメニューです。

非常に種類が豊富で迷っちゃいます。

ドリンクは概ね4〜8ブルネイドルです。

ちなみにイスラム教では、お酒を公共の場では飲んではいけないので、アルコール類は販売されていません。

 

食事も20〜45ブルネイドルで、お寿司はもちろん、イカ、鶏肉、伊勢海老など、あらゆる日本料理を楽しむことができます。

f:id:firstabroad:20200629093152j:image

 

サラダ、チキン、炊き込みご飯etcをオーダー。

2人でしたが、一品一品の量がすごく多くて、腹十二分目食べました。

海外独特の匂いもなく、日本で食べる日本食と本当に一緒でした。美味しくいただきました。f:id:firstabroad:20200629093115j:image

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

※この写真は2020年3月に撮影しました。

ブルネイ3 シンガポール航空の短距離国際線の需要はいかに!?

 

前回、チャンギ空港の過ごし方を紹介しました。

今回はこのチャンギ空港からブルネイ空港までシンガポール航空を使って移動したことについて書こうと思います!

 

ブルネイを簡単に紹介しておきます。

東南アジアの国ですが、地味でアクセスも悪いです。

地味ですが、国はかなり潤っていて、石油や天然ガスの産出量も国土面積の狭さからしてもかなり多く、それが経済を支えています。

 

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game
 

 

 

乗り継ぎということで、すでにチェックインと荷物の預けは済ませていて、制限エリア内にいます。

f:id:firstabroad:20200629092122j:image

 

搭乗口はF41です。

ここで搭乗券のチェックがあり、制限エリア内の中の制限エリアに入っていきます。

ここで手荷物検査があります。チャンギ空港はセキュリティ面でかなりしっかりしてるとうかがえます。
f:id:firstabroad:20200629092111j:image

 

今回お世話になる機材です。

 

8:40発 SQ182便 チャンギブルネイ Yクラスf:id:firstabroad:20200629091838j:image

 

このあと、機内に入る前に搭乗券のチェックがありました。ここでコロナウイルスに関する健康カードと入国カードが配られました。

搭乗まで時間があったので、今のうちに書き終えておきます。

f:id:firstabroad:20200629091956j:image

 

列の最後尾に近かったので、早めに搭乗することができました。

 

ファースト・ビジネス・エコノミーの3クラス制で今回もエコノミーに乗ります。

座席配置は3+4+3の横10列のなっています。

f:id:firstabroad:20200629092028j:image

 

今回の座席は56Aです。

 

最後の2.3列は窓側の列2列シートでした。

 

事前のオンラインチェックインの際に座席指定もできるので、カップルで乗られる方にはおすすめです。

通路も少し広めですしね!

f:id:firstabroad:20200629092045j:image

 

機材はB777-300です。
f:id:firstabroad:20200629091903j:image

 

座席周りの確認です。

各座席には背面のモニターが付いておりますが、背面いっぱいいっぱいではないです。f:id:firstabroad:20200629091918j:image

 

テーブルは背面テーブルで前後に動かせません。
f:id:firstabroad:20200629091852j:image

 

イヤホンジャックとUSBポートで携帯の充電もできます。

f:id:firstabroad:20200629092014j:image

 

リクライニングはかなり倒すことができます。

ご覧の通りです!!!

 

ヘッドレストも備えられているので眠る体制を整えやすいと思います。

個人的にはヘッドレストの有無はリクライニングの角度と同等に大事と感じているのでこれはありがたいです!
f:id:firstabroad:20200629091945j:image

 

読書灯の明るさは十分だと思います。

昼間のフライトなので、もちろん使いません。
f:id:firstabroad:20200629092058j:image

 

キャビンの真ん中には水飲み場所がありました。

飛行機の中にウォーターサーバー的なものがあるのか初めて見ました。

実際に使えるかどうかは試しませんでした。

f:id:firstabroad:20200629092428j:image

 

トイレチェックです。

ペーパータオルとトイレットペーパーはあまり区別が付きませんでした。

アルコール消毒液もありました。
f:id:firstabroad:20200629092440j:image

 

座席に戻ると、おしぼりサービスが始まっていました。

紙のおしぼりではなく、布のおしぼりです。

 

それでは離陸までもうしばらく待っておきます。
f:id:firstabroad:20200629092404j:image

 

搭乗率は2.3割ぐらいでした。

3月現在、まだまだマスクをつけている人は少なかったです。
f:id:firstabroad:20200629092514j:image

 

チャンギ国際空港を離陸。

この空港は世界で2番目に大きな空港だそうです。
f:id:firstabroad:20200629092330j:image

 

離陸後、後方から機内食のサービスが始まったのですぐに食事を受け取れました。

チキンライスかフライドライスの2択でした。

私はチキンライスをオーダーしました。

 

ドリンクはリンゴジュースをオーダー。

本当はお茶が良かったのですが、熱いものしかなかったので、それならとリンゴジュースにしたのです。

米はタイ米

パンも独特の味がしましたが、バターをつけることで食べることができました。

f:id:firstabroad:20200629092342j:image

 

フライト時間は2時間ほど。

ブルネイの街が見えてきました。

三重県ほどの面積なので、もしかしたら隣国のマレーシア領土が映っているかもしれません笑
f:id:firstabroad:20200629092416j:image

 

到着いたしました。

健康カードの提出の列が並んでいました。

10分ぐらい並んだと覚えています。
f:id:firstabroad:20200629092452j:image

 

入国審査はかなり時間がかかりました。

検査官が少なかったこともありますが、何よりもひとりひとりにかける時間が長かったです。

いつもならスタンプを押すだけで入国できるのですが、今回は久しぶりに入国目的を聞かれました。

とはいえ、質問項目それだけです。「日本人パスポートが最強」と言われているのもよく分かりました。

 

無事入国できました!

入国すると現地通貨が必要です。

ブルネイではシンガポールの通貨(紙幣のみ)を使うことができるので、ある人は滞在費の足しになります。

また、両替所はしまっているので、ATMを利用してください。そのためにはキャッシングできるクレジットカードは必須だと思います。f:id:firstabroad:20200629092352j:image

 

読んでいただきありがとうございました!

ブルネイ2 シャワー付!乗継で使える無料ラウンジを紹介!!!

シンガポールにあるチャンギ国際空港は世界の中でも面積が広いことが知られています。

また、トランジットのため、空港内で過ごすための様々な施設が用意されています。

 

今回はチャンギ空港で快適に過ごすためのラウンジ紹介しようと思います。

なお、このラウンジはトランジット客は無料で使えるのでその方法を併せてご紹介します。

 

チャンギ空港のコンコースは開放的なデザインでとてもおしゃれです。

f:id:firstabroad:20200502184924j:image

 

第2、第3ターミナルにiShop Changiというところがあるので、そこでバウチャー券を受け取ることができます。

受け取りにはトランジットを証明するチケットが必要です。
f:id:firstabroad:20200502185133j:image

 

バウチャー券を受け取りました。

写真左がクーポン券、右が無料券です。

今回は無料券について紹介します。

f:id:firstabroad:20200502185145j:image

 

無料券を受け取れる場所からすぐの所にワインショップがあります。

ここで20ドル分のお買い物ができます。

シンガポールでは酒税が非常に高いです。

制限エリア内の免税店では非課税なので、市内に比べて安くお酒が販売されています。種類も豊富でした。
f:id:firstabroad:20200502185106j:image

 

バウチャー券の魅力ではないでしょうか?

アンバサダーラウンジにも入ることができます!

ここは通常プライオリティーパスなどを持っていないと入ることができません。

2時間限定という制限付きですが、これはかなりお得かと思います。

まず、ターミナル移動シャトルで第2ターミナルに向かいます。

f:id:firstabroad:20200502184959j:image

 

到着するとすぐ地図があるので、向かいます。

f:id:firstabroad:20200502185156j:image

 

1フロア上がったところにラウンジがあります。
f:id:firstabroad:20200502185120j:image

 

中に入ると、ゆったりとしたソファや...
f:id:firstabroad:20200502185026j:image

 

テラスがあります。

ここから眺める離陸模様は最高でした。
f:id:firstabroad:20200502184947j:image

 

もちろん軽食も用意されています。
f:id:firstabroad:20200502185218j:image

 

やきそば、ポテトなど、和洋折衷さまざまな料理がありました。
f:id:firstabroad:20200502185039j:image

 

ソフトドリンクや温かいカフェ系の飲み物も楽しめます。
f:id:firstabroad:20200502185207j:image

 

そして、ラウンジにはシャワーも付いています!

これは驚き...!

無料でここまでのサービスを受けていいのか...?

ラウンジのスタッフにシャワーを浴びたい旨を伝えました。

すると軽食が食べられるスペースと、通路を挟んだところに案内されました。

シャワールームはこんな感じです。

個室になっています。

f:id:firstabroad:20200502185012j:image

 

個室内には大小のタオル、ドライヤー、シャンプー、ボディーソープがあります。

ドライヤーは固定されているので、その範囲ないで使用しましょう。
f:id:firstabroad:20200502184936j:image
f:id:firstabroad:20200502185053j:image

 

まとめ

チャンギ国際空港では誰でも使えるシャワー付きラウンジで快適にトランジット時間を過ごすことができます。

軽食も食べられるので良い暇つぶしになります。

また夜行便へのトランジットの人はここで夕食をとることもできて、非常に使い勝手が良いと思います!

 

読んでいただきありがとうございました!

ブルネイ1【世界初!!〇〇が就航】シンガポール航空B787-10機搭乗記

B787-10。この機材は世界的に新しいです。

この機材をいち早く導入したのが今回紹介するシンガポール航空です。(以下SQ便)

しかも、私が住んでいる大阪にある関空線で初めて運行されたのです。

SQ便は比較的新しい機材を導入することが多く、機材の減価償却費も高額です。

 

今回の航空券はブルネイまでの往復で、Skyscanner最安値だったHISから購入しました。

 

【航空券料金】
   大人  49,500円   
 【キャッシュバック】
   大人  -3,000円     
 【国内空港使用料】
   大人  3,100円   
 【国際観光旅客税】
   大人  1,000円   
 【その他諸税等】
   大人  2,390円 
 ------------------------------ -----------
 【ご請求金額(お一人様)】
   大人  52,990円

 

21:30頃の関西空港です。

コロナの影響が出始めていたころなので、旅客の数も少なかったです。

f:id:firstabroad:20200313172516j:image

 

ホノルル線は就航していましたが、中国、台湾便を中心に欠航のタイムスケジュールでした。
f:id:firstabroad:20200313172550j:image

 

チェックインカウンターはガラガラでした。

 

23:30発 SQ623便 関空チャンギ Yクラス
f:id:firstabroad:20200313172600j:image

 

出国審査を終え、南ウィングの方に向かいます。

スターアライアンスのSQですが、ビジネスクラスご利用の方はワンワールドJALのラウンジを使うことができます。

これは、南ウィングに同じアライアンスであるANAのラウンジがないための特例なのです。

これは面白いと思いました。
f:id:firstabroad:20200313172501j:image

 

今回お世話になる飛行機です。

従来のB787型機よりも胴長のタイプです。
f:id:firstabroad:20200313172444j:image

 

南ウィングの中でも本館寄りにある、37番搭乗口から搭乗します。
f:id:firstabroad:20200313172623j:image

 

エコノミークラスに関しては3+3+3の9列配置で、青とグレーが交互になって座席があります。

飛行機の一座席ずつのデザインはシンプルですが、全体的に見た時にはライン状のデザインに仕上がっています。

特に青の席がいいとかグレーの席がいいというこだわりはありませんが、とてもおしゃれだと思いました。
f:id:firstabroad:20200313172535j:image

 

今回は窓側の座席を予約していました。

実は3日前にチェックインはオンラインで済ませていて、その時に座席をしていました。

 

各座席の上には枕と毛布がありました。

枕に関してはヘッドレストがあるので私には必要ありませんでした。
f:id:firstabroad:20200313172610j:image

 

機材はB787-10です。

B787は他にも787-8や787-9がありますが、シンガポール航空に関しては最新機材の787-10しか持っていません。

f:id:firstabroad:20200616160739j:image

 

座席周りの設備の確認です。

テーブルは背面テーブルで前後に動かすことはできません。

背面テーブルが動かせない飛行機は初めてです。

 

ドリンクホルダーもついているので、サービスがあるときでも、わざわざテーブルを開かなくても良いので便利です。

f:id:firstabroad:20200313172936j:image

 

このテーブルは折り曲げることができるようです。

裏側には鏡もついているので、軽く髪を整えることもできます。
f:id:firstabroad:20200313173146j:image

 

エコノミークラスですが、リクライニングは予想以上に倒れます。深夜便でも安心して座れます。
f:id:firstabroad:20200313173129j:image

 

機内の映画は新作もありました。

私はアナと雪の女王2を見ました。

英語では『Frozen』というみたいですね。
f:id:firstabroad:20200313172951j:image

 

座席の前にはUSBコンセントと照明のボタンがあります。
f:id:firstabroad:20200313173034j:image

 

このように明るく光ります。

f:id:firstabroad:20200616160305j:image

 

各座席の間にはコンセントもあります。

3列シートの間にあるので、3人で2カ所のコンセントを使うことになります。

今回はガラガラだったので全部使うことができましたが、笑笑
f:id:firstabroad:20200313172902j:image

 

窓のブラインドはハイテクです。

円形のボタンの上半分を押すと明るくなり

下半分を押すと暗くなります。
f:id:firstabroad:20200313173020j:image

飛行機の扉が閉まると、CAさんがおしぼりを用意してくれました。

紙のおしぼりではなく、ちゃんと布のおしぼりで拭き心地も悪くなかったです。
f:id:firstabroad:20200313173005j:image

 

機内ではWi-Fiが使えるようですが、かなり高額です。もちろん使いません。
f:id:firstabroad:20200313173200j:image

f:id:firstabroad:20200613164742p:image

 

離陸すると、アメニティとメニューが配られました。

アメニティに関して、エコノミーで配ってくれるのは珍しいと思います。

中には歯ブラシと靴下が入っていました。

 

メニューに関しては後で紹介します。

f:id:firstabroad:20200613164403j:image

 

搭乗率はぱっと見50%弱でした。

飛行機の前の方(フォワードゾーン)に友達が搭乗していたのですが、そちらはガラガラだったそうです。

f:id:firstabroad:20200613164449j:image

 

トイレチェックします。

 

洗面台はシンプルながら、狭いスペースをうまく活用したレイアウトという印象でした。
f:id:firstabroad:20200613164517j:image

 

歯ブラシ、クシ、ハンドクリーム、マウスウォッシュが用意されています。

正直、歯ブラシは個別に用意されたアメニティバックの中にも入っていたので、ここに用意する必要はないと感じました。
f:id:firstabroad:20200613164543j:image

 

〜ドリンクサービス〜

私がトイレに行っている間にドリンクサービスが始まってしまい、ドリンクを受け取ることができませんでした。

 

座席に戻った後、隣の空いている座席を利用してセルフカウチシートを作り横になって寝ました。

 

先程紹介したメニューの最後のページにシンガポール行きの機内食の内容が、日本語で記載されていました。

洋食と和食が選べるようです。

 

ちなみに私は、日本発の便ではいつも洋食を食べることにしています笑

現地に着くまでに、日本食に慣れた舌からシフトチェンジしたいからです。

f:id:firstabroad:20200617224116j:image

 

なので、洋食をオーダーしました。

日本時間午前4時半ごろに提供されました。

ちなみに周りのお客様は和食を食べてる方が多かったです。

 

パンケーキの隣にあるバターとブルーベリーですが、日本のものよりも甘く、早朝の胃にはキツかったです。

果物はロールパンに関しては可もなく不可もなく、といった感じでした。

f:id:firstabroad:20200613164503j:image

 

およそ1時間ほど早着して、現地時間の4時半ごろに着陸しました。

シンガポールと日本の時差は1時間です。

 

時差が1時間の国といえば中国がありますが、シンガポールは中国よりかなり西にあります。

これは、昔から中国とビジネスの取引が盛んだったからです。

時差を揃えた方が合理的なのです。
f:id:firstabroad:20200613164348j:image

 

私たちの目的地はシンガポールではありません。

そう。東南アジア有数のお金持ちの国、ブルネイに向かいます。

 

次のフライトまで3時間ほどあるので、チャンギ空港でトランジットでおすすめの過ごし方を次回ご紹介しようと思います!

f:id:firstabroad:20200613164530j:image 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!