そのへんの大学生。旅行とトレンドの日記。

飛行機・鉄道・バスのおトク情報とトレンドを発信!普通の大学生なので、更新頻度は月5回を目標にちまちまと執筆。

ヤンゴン1 ベトジェット特別塗装機でハノイへ!

 

みなさん、こんにちは!今回はベトジェットに乗ってベトナムハノイに向かいたいと思います!

最終目的地はミャンマーヤンゴンなので、今回はトランジットで向かいます。

注意していただきたいのがパスポートの残存期間。ベトナムミャンマーではその期限の6ヶ月の余裕がないと、搭乗拒否されてしまいます。実際に今回の同伴者がそれで乗れなくなってしまいました。。

(その友達の記事がこちらです
https://note.com/sotax/n/n4fa424304546)

あともう一つがコロナウイルスの影響。チェックイン時にグランドスタッフの人から「過去30日以内にベトナムや中国に入国したか?」と聞かれます。旅行する際はくれぐれも注意しましょう。嘘ついてもパスポートのスタンプでばれますよ。

f:id:firstabroad:20200224085531j:image

 

今回の搭乗券は硬券です。LCCですがしっかりしておりました。

 

09:20発 VJ939便 関空ハノイ


f:id:firstabroad:20200224085524j:image

 

今回搭乗する飛行機です。

f:id:firstabroad:20200224085514j:image

 

搭乗開始予定時刻から10分ほど遅れての搭乗開始。通路が1列なので座席に座るのも一苦労です。

f:id:firstabroad:20200224093156j:image

 

運悪く、3列シートの真ん中を指定されました。。。

座席ピッチはPeachよりかは気持ち広いかなーという印象でした。しかし、座席ポケットの中は安全カード、雑誌、機内食メニューだけだったので、実際は同じ座席ピッチなのかもしれません。
f:id:firstabroad:20200224093127j:image

 

テーブルを広げると、とてもじゃありませんが膝の上に小さなカバンを置くことすらできません。一応前後に動かすことができますが、狭い機内でそれをするのは、自らを苦しめることになるでしょう。

チェックイン時に通路側の座席を指定するようにお願いするべきでした。少し後悔。(実際に要望に応じてくれるかは別として)

f:id:firstabroad:20200224152545j:image

 

機材はA321です。A320は一般的なLCCに関しては30列ですが、A321は10列多い40列で構成されていました。
f:id:firstabroad:20200224093115j:image

 

座席上に個人用ライトがありますが、照準は変えられません。この辺の設備は同じなので、簡潔に説明しました。

f:id:firstabroad:20200227104906j:image

 

トイレの壁は植物の絵が書かれていました。特別塗装機だからなのでしょうか?以前にベトジェットに乗ったことがあるのですが、そのときはシンプルな白の塗装でした。おそらく、飛行機の外装に合わせたデザインなのだと思います。

f:id:firstabroad:20200227105044j:image

なのですが、相変わらず非常に狭かったです。。

トイレットペーパーの位置も低めに設定されていたので分かりづらかったです。

f:id:firstabroad:20200227104525j:image

 

〜機内環境〜

搭乗率は見た感じでは9割を超えており、空席は目立ちませんでした。乗客に関してはベトナム人が多かったです。


定刻より20分遅れて出発し離陸すると、機内サービスが始まります。私は中距離のフライトでは機内食を食べるようにしています。フルサービスの航空会社ではそれは無料で出されますが、このフライトはLCC。5時間30分のフライトを何もなしで過ごすにはあまりにも暇を持て余します。なので、機内食を有料で購入して食べるようにしています。(支払いは米ドル、日本円、ベトナムドン可)

機内食を食べていると意外と時間が経つのが早くなるので、ぜひ試してみてください!笑

f:id:firstabroad:20200227104535j:image

 

今回の機内食はもち米とソーセージ、ゆで卵などが入った弁当です。(5ドル) 添えつけの醤油をたらして食べます。

日本の醤油より少し酸っぱかったですが、ベトナムっぽさを感じることができる味でした。(食レポヘタクソか!)

f:id:firstabroad:20200227104655j:image

 

ハノイノイバイ国際空港に到着いたしました。沖止めなので、バスに乗り換えてターミナルまで向かいます。

f:id:firstabroad:20200224153851j:image

 

入国審査場に来ました。前述したように、このフライトはヤンゴンに向かうためのトランジットなのでベトナムには入国しません。

ここのTransferカウンターで乗り継ぎの申請をします。

f:id:firstabroad:20200224153754j:image

 

次の便はVJ917なのですぐに分かりました。

今回の記事はこの辺で終わらせていただきます。

f:id:firstabroad:20200224153744j:image

 

読んでいただきありがとうございました!

【江ノ島】江ノ電沿線のおすすめスポットを紹介!

みなさん、こんにちは!今回は江ノ電に乗ってざっくり観光したことについて書きたいと思います。

江ノ電は神奈川県の鎌倉駅藤沢駅を結ぶ電車で、主に海沿いを走る電車でございます。

今回は江ノ電沿線の観光名所やインスタ映えスポットを時系列に紹介します!

 

14:00 鎌倉駅

小町通りで昼食のしらす丼を食べ、鎌倉駅から出発です。小町通り側の改札口からは江ノ電に乗れないので、反対側の改札口に向かいましょう。

f:id:firstabroad:20200209122724j:image

 

2回以上途中下車する人は1日乗り放題の「のりおりくん」を購入した方がお得です。モバイルSuicaICOCAでの購入はできませんでした。カードタイプのSuicaなら対応しているのでしょうか??わかりません、、とにかく、現金が確実なので用意しておきましょう。f:id:firstabroad:20200209123035j:image

 

14:12発

江ノ電は4両編成で、なかでも1編成だけは50年前からずっと使われている列車です。目にかかるとラッキーだと思います。今回はそれに出会うことはありませんでしたが笑

では乗車して鎌倉大仏を見に、途中の長谷駅に向かいます。

f:id:firstabroad:20200209122737j:image

 

鎌倉駅から長谷駅までは5分、駅から大仏様までは徒歩5分くらいです。入場料が300円かかりますが、お賽銭と考えれば良いでしょう。予想よりも横幅がある、これが正直な感想です。

f:id:firstabroad:20200209123402j:image

 

駅に戻り江ノ島まで向かいます。江ノ電で20分ほどです。

 

15:10 江ノ島駅

江ノ島駅に到着です。ここから江ノ島まではかなり歩きます。海が近いので、風も強いです。帽子などが飛ばされないように注意しましょう。

f:id:firstabroad:20200209123425j:image

 

16:00 江ノ島からの景色です。ここまでは山を登るのですが、階段の段数がかなりあります。頂上につくころには息が切れる人も多いでしょう。しかし、この絶景。夜になるとロマンチックな場所になると思います。
f:id:firstabroad:20200209123414j:image

 

16:50 江ノ島駅

駅に戻り、夕日は映える稲村ヶ崎駅に向かいます。およそ15分ほどで着きます。

電車の中からでもかなり映える絶景でございます。

f:id:firstabroad:20200209125218j:image

 

稲村ヶ崎駅に到着しました。ここから徒歩3分ほどで...

f:id:firstabroad:20200209125204j:image

 

このような素晴らしい夕日を眺めることができます!この日の日の入りは17時03分だったので、まさにジャストタイムでした。

f:id:firstabroad:20200209125041j:image

 

まとめ

私が紹介した江ノ電沿線の観光スポットは

  1. 鎌倉大仏
  2. 江ノ島
  3. 夕日    です!

特に、夕日は圧巻で、記事の写真以上の景色でもう一度来たいと思いました!

また、江ノ島駅から江ノ島に行くところにも食べ歩きできるお店が数多くあり、お腹を空かせて行くといいと思います!

 

読んでいただきありがとうございました!

 

【ハプニング】日航 B767で帰阪した話

みなさん、こんにちは!私は羽田空港にいます。今回は日本航空を使って大阪伊丹空港まで行きたいと思います。

羽田空港第1ターミナルは、ほとんどがJAL系が使用しています。都内から京急線を使って、空港に来るときは後ろの車両から乗ると近いです。

私は学生なので、普段からJALカードnaviを使ってマイルを貯めまくっています。特にスカイメイトで購入した場合はマイル積算率が100%超。普通の買い物でも100円で1マイル。特約店(ファミマなど)で買い物すれば100円で2マイル。他のカードと比べてもらえれば分かりますが、スーパーカードなのです。

しかし、デメリットもあります。それは、利用限度額が10万円に設定されていること。ここで事件が起こります。

 

【事件1】

私は今回スカイメイトで帰阪しようと思ったのですが、空港に着いて、初めて利用額が既に10万円を超えていることがわかりました。。。

仕方なく、カード会社にその旨を連絡しましたが、繋がるのに1時間かかりました。しかし、限度額の引き上げは数時間かかると言われました。この日は金曜日。夕方からの便は全て満席。どうしてもマイルを貯めたかった私にとってはすごくショックでした。

結局待つことが出来なかったので、別のカードでスカイメイト運賃の航空券を決済しました。税込10,550円でした。

f:id:firstabroad:20200129101035j:image

 

13:30発 JL119便 羽田一伊丹

 

今回は紙の搭乗券ではなく、アプリのモバイル搭乗券を利用します。QRコードをタッチします。
f:id:firstabroad:20200129101145j:image

 

保安検査を抜けました。搭乗開始まで、あと1時間ほどあるので、ラウンジに行こうと思います。
f:id:firstabroad:20200129101047j:image

 

最近リニューアルされた"パワーラウンジ"です。保安検査を抜けて左右どちらのゲートの方にもあるのですが、今回は抜けて右側の方を利用しました。各種ゴールドカードを持っている人が無料で利用できます。

詳しい、ラウンジの紹介はいつか紹介したいと思ってます。

f:id:firstabroad:20200129101137j:image

 

19Hの席だったので、最後に案内されました。
f:id:firstabroad:20200129101124j:image

 

今回搭乗する機体です。
f:id:firstabroad:20200129101111j:image

 

各座席にはイヤホンが用意されています。しかし、私は自分のイヤホンを持っていたので、使うことはありませんでした。
f:id:firstabroad:20200129101059j:image

 

2+3+2の座席配置で進行方向右側の列の通路側に座れました。座席ピッチはやっぱり広いです。普段LCCに乗り慣れた私からすれば、天国です。

f:id:firstabroad:20200129101345j:image

 

テーブルは背面テーブルで前後に動かすことはできません。B767は古い機体ということもあってテーブルの安定性は今ひとつです。千円札と比べてみるとこの大きさです。

f:id:firstabroad:20200129101359j:image

 

肘掛け側にはコントローラーもありますが、個人モニターもないですし、あまり実用性はありません。ここのボタンを押して個人用ライトを点消灯できます。
f:id:firstabroad:20200129101419j:image

 

座席の足元にはUSBポートも付いています。

短いコードだと宙ぶらりんになってしまうので、長いものを持って来るべきでした。

f:id:firstabroad:20200205173928j:image

 

個人用ライトの照準は変えることができます。
f:id:firstabroad:20200129101410j:image

 

機材はB767です。日本航空では古い機材から新しい機材へ入れ替えが著しく行われていて、この機材も国内線から姿を消す日はそう遠くないと思います。

f:id:firstabroad:20200129101501j:image

 

トイレに来ました。古い機体ということもあって、狭かったです。
f:id:firstabroad:20200129101526j:image

 

【事件2】

手を洗っていると水がじゃんじゃか溜まって行きました。

通常ポップアップレバーを押すと排水口のフタが閉まるのですが、この機体では逆でした。

レバーを押すと、排水口のフタが開くのです!

洗面台を壊してしまったと思い、一瞬焦りましたが、原因が分かってよかったです。

f:id:firstabroad:20200129101514j:image

 

トイレを済ましてテイクオフ。

その後いつもようにドリンクサービスが来たので、今回はスープをオーダーしました。寒い冬にぴったりのスープですぐに身体が温まりホッとできます。

f:id:firstabroad:20200129101618j:image

 

伊丹空港に着陸しました。あっという間です。荷物を預けたのですが、ターンテーブルの前に行ってもなかなか自分のが出てきません。

というのも、伊丹羽田線はビジネス路線なので、上級会員の方が多く乗られているからです。上級会員になると、荷物を優先的に出してくれるサービスがあるのです。

f:id:firstabroad:20200129101631j:image

 

まとめ

今回は羽田空港から伊丹空港まで日本航空B767を使って帰阪した内容で書かせていただきました。

私が特に伝えたかったのは

  • B767は古い機材で設備が良くない
  • JALカードnaviは利用上限額に気をつける

この2つです。

 

読んでいただきありがとうございました!

【ゆったりシート】足が伸ばせる!高速バス乗車記

みなさん、こんにちは!今回は夜行バスに乗って大阪から東京まで移動したいと思います。

大阪東京間の移動は新幹線や飛行機などがありますが、やはり高速バスは一番安い手段です。

 

今回はその中でもアミー号というバスに乗りたいと思います。2週間前に予約したにもかかわらず、料金はわずか2,100円でした。

楽天トラベルのサイトを経由して購入したため、全額2,100円をたまっていた楽天ポイントを使って決済することができました。楽天ポイントがじゃんじゃらある人は、おすすめの決済手段でございます。

 

22:00発 YS702便 大阪一東京駅八重洲

 

バス停は"プラザモータープール"です。大阪駅から少し離れています。どちらかというと地下鉄御堂筋線中津駅の方が近いです。大阪駅から来られる方は、バス出発時刻の30分前ぐらいに駅に到着しておくと安心だと思います。

f:id:firstabroad:20200127083331j:image

 

夜の時間帯は関東方面にバスを進める便がずらりとあります。

バスターミナルで待っていると、係員の方が順番にバスを案内しているので、自分が乗る便が呼ばれるまで、待っておきましょう。だいたい10分前くらいに呼ばれます。

バスターミナルは簡素な作りで、ベンチも限られた数しかないので、立って待つものだと思った方がいいです笑

トイレも男女1カ所しかなく、特に女子トイレは長蛇の列をなしていました。いつも以上にトイレを予め済ませる気持ちを持って家を出た方がいいです

f:id:firstabroad:20200127083343j:image

 

乗車するバスです。大阪、京都、南草津の順に乗客を拾い、終着地の東京までバスを進めます。
f:id:firstabroad:20200127083355j:image

 

配列は2+2の一般的な観光バスと同じですが、夜行バス用に縦の列は少なめになっています。

f:id:firstabroad:20200127083513j:image

 

今回は通路側の座席です。座席指定はできないので、自分の希望になるかは運次第です。

足もとはかなり広めにとられています。私の身長は168cmですが余裕で足を伸ばせました。高身長の方でも安心して足を伸ばせると思います。
飛行機や特急のようなテーブルも用意されていました。夜中に小腹が減った時に食べるには便利だと思います。

ドリンクのくぼみも2カ所あるのですが、正直これは過剰な設備だと感じました笑
f:id:firstabroad:20200127083448j:image

 

通路側にはUSBポートが備えられていました。今は閉まっていますが、手動で開けることができます。格安バスですが、携帯電話の充電できるのは嬉しいものです。

f:id:firstabroad:20200127083613j:image

 

夜行バスなので、ブランケットも用意されていました。私は夜行バスに今まで何回か乗っているのですが、アイマスクを初めて忘れてしまいました。なので、このブランケットをかぶって寝ることにしました笑 比較的車内が暖かったので、本来の用途でブランケットを使う必要はなかったです。

f:id:firstabroad:20200127083604j:image

 

     〜移動中〜

大阪出発時点で14人、京都では17人、南草津では4人の乗車が確認できました。南草津には立命館大学があり、下宿生需要もあるのだと思います。

0時20分に土山SAで1回目のトイレ休憩をとりました。ここのサービスエリアは深夜帯でもフードコートが空いていて、夜食を食べるのに最適なところです。次のトイレ休憩は3時前後なので、ここで寝る体制を整えて翌朝に備えたいので、歯を磨いておくのが吉です。

移動中の環境は決して良くはなかったです。いびきをかく人、いつまでもケータイの画面を開いている人、さまざまな乗客がいます。また、足元に関しては広々していますが、幅は、隣の人と肩が当たるほど狭かったです。小柄な女性の方であれば問題ないですが、ガタイの良い方には窮屈だと思います。

リクライニングをフルに倒すと、隣の乗客とその角度が重なってしまい、気まずくなりました。そんなときは、少しリクライニングの角度を変えて解消することができました。リクライニングはフルに倒さなくてもかなり倒れるので少し角度をつけてた状態でも問題ないです。

 

終着東京駅に到着しました!ここから東京駅までは徒歩で10分ほどかかります。

f:id:firstabroad:20200127083547j:image

 

まとめ

予約の時点では"足もとゆったり"という文言があったので予約しましたが、やはり、座席の幅が狭かったです。仕切りもないので、プライベート感はなく、朝のコンディションは野宿した時とあまり変わりませんでした。

ただ、2,100円(平日のど真ん中)という激安運賃で乗っているので車内環境に関しては文句は言えません。

翌朝の予定がハードな方や、体力に自身がない方は少しお金を出してでも3列独立シートに乗った方がよいかもしれません。

 

読んでいただきありがとうございました!

【躍進!】いきなり下落したけどやっぱり上昇?

みなさん、突然ですが「いきなりステーキ」という店はご存知ですか?

これはステーキを比較的狭いカウンターで食べることで、料理の値段をリーズナブルに設定しています。ステーキを気軽に食べられることで功を称し、全国に店舗展開していきました。

しかし、店舗を増やしすぎたせいで店舗間競争が起こってしまい、閉店する店舗も数多く見受けられます。

 

ステーキ界の時世はそんな中、いきなりステーキの脅威となる存在が現れました。それは...

 

「やっぱりステーキ」です!

総合的な評価から言うと、いきなりステーキよりもコスパが良く、"いきなり"が、縮小傾向になっているもう一つの理由と言っても過言ではないと思いました。

 

今回は京橋駅前店にお邪魔してみました。

商店街の中にあるので、比較的見つけづらいお店でした。

 

看板にもあるように、なんと!!ステーキが1,000円(税込)ぽっきりで食べることができるのです!

f:id:firstabroad:20200118115518j:image

 

お店は2階にあります。

並ぶ前に店の前の紙に名前を書いてください!でないと案内されませんから。

時刻は11時50分です。この日は土曜日なので、私の前には10人ほど並んでいました。

ランチ時ということもあり、関西人である私は「かなり待たされる!」という覚悟を持ちました。

f:id:firstabroad:20200118115303j:image

 

結局、並んでからわずか10分ほどで店内に入ることができました。食券機でメニューを選びます。

ステーキだけでなく、カレーや丼もあるみたいです!

支払いは電子マネーを使うことができません。現金をご用意ください!

f:id:firstabroad:20200124184217j:image

 

ステーキに関しては全てのメニューがスープ・サラダ・ご飯が食べ放題です!普段からよく食べるひとにはもってこいだと思います。

替え玉ならぬ、"替え肉"も500円であります。
f:id:firstabroad:20200124184040j:image

 

食券を店員に渡して、食べ放題バーの開幕です。

ご飯は2種類あり、黒米と白米がありました。健康志向の人にも気遣っているラインナップでございます。

スープは卵スープですが、ストックのスープの量が少なめでした。1.2杯程度の量しかありませんでした。

f:id:firstabroad:20200124184310j:image

 

サラダコーナーです。刻みキャベツとマカロニが用意されていました。

ドレッシングに関してもイタリアン・ごまなど4種類のものがありました。

個人的に、ステーキと一緒に食べるものなのでさっぱりしたドレッシングをかけることをおすすめしてます!笑
f:id:firstabroad:20200124184320j:image

 

私は'やっぱりステーキ180g'をオーダーしました。これ1,000円ですよ!?考えられません!

薬味はお好みで選ぶことができます。

今回はオニオンソース、塩、刻みわさびをチョイス。

f:id:firstabroad:20200124184428j:image

 

ソースはこんなにあり、いろいろ試してみるのも楽しいかもしれませんね。

f:id:firstabroad:20200124184514j:image
f:id:firstabroad:20200124184525j:image

 

先ほども書きましたが、替え肉があります!

最初に食べた肉に関係なく肉をおかわりすることができます!

私は替え肉しませんでしたが、いろいろな肉種を楽しめるので試しておくべきだったと後悔しています笑

f:id:firstabroad:20200124184613j:image

 

やっぱりステーキは沖縄県で2015年に始まりました。沖縄県では呑みのシメはラーメンではなく、ステーキらしいです。そのこともあって、本土よりもステーキ文化が根付いていたことで人気になり、全国展開に足を踏み入れたようです。

f:id:firstabroad:20200124184602j:image

まとめ

やっぱりステーキは1000円ぽっきりで本格ステーキが楽しめる店です。"いきなり"とほとんど同じサービスでお肉の質も変わらないのが正直な感想です。今のところ、いきなりステーキの店舗数には敵いませんが、今後それを凌駕するぐらい急成長する外食チェーンだと私は思います!

 

読んでいただきありがとうございました!

【吉野ヶ里遺跡】レンタサイクルが便利すぎる件について

みなさん、こんにちは!今回は国の特別史跡である吉野ヶ里遺跡を訪問したことについて書きたいと思います!

吉野ヶ里遺跡は公園として営業されており、散歩も楽しむことができます。

佐賀駅から電車で15分、吉野ケ里公園駅で下車します。基本的に各駅停車のみ停車します。有名な遺跡なのですから、特急が定期的に停車すればいいですのにね笑

 

f:id:firstabroad:20190611010256p:image

駅から遺跡までは田んぼの中を20分ほど歩かなければなりません。夏なら汗びっしょりになってしまいますよね。しかし、駅ではこんな便利な乗り物を貸してくれます!

 

f:id:firstabroad:20190611010239j:image

そうです、自転車です!電動式ではありませんが、坂が少ないので問題ないと思います。自転車を使えば気分爽快になれるのでおすすめします。

 

f:id:firstabroad:20190611005218j:image

まず、建物の中に入って、係の女性がいるので彼女に声をかけてください。200円を先に払って乗ります。途中、砂利道があるのでこぐときは気をつけましょう!

 

f:id:firstabroad:20190611010205j:image

ほら、一瞬で到着しました!

残念ながら吉野ヶ里公園内は自転車で回ることができませんが、チケット売り場の近くまでアクセスすることができます。

 

f:id:firstabroad:20190611010132j:image

吉野ヶ里公園内は弥生時代らしい殺風景な街並みが再現されています。

 

f:id:firstabroad:20190611010328j:image

こちらは、竪穴住居です。中に入ってみると...素晴らしい避暑地です。是非夏の暑い日に行って体感してみてはいかがでしょうか?

 

f:id:firstabroad:20190611010409j:image

弥生時代にも立派な展望台があったのですね。

 

公園内を全て徒歩で回っていると日が暮れてしまうので公園内の移動にはバスを利用しましょう!20分に1本運転していているので、便利だと思います。

 

読んでいただきありがとうございました!

【学生向け】ヤバすぎる!!JALカードnaviの魔法の得典とは?

みなさん、こんにちは!今回は旅行関係ではなく、クレジットカードを紹介したいと思います!

学生の中では国内旅行が好きな人もいれば海外を飛び回りたい人もいると思います。本記事では、中でも国内旅行におすすめのカードを紹介します!それは...

 

JALカードnaviです!!

f:id:firstabroad:20200102112516j:image

JALカードnaviは29歳以下の学生であれば作ることができるクレジットカードです。もちろん年会費は無料です!

このカードを持つことで得られるお得コンテンツを箇条書きにして紹介します。

 

  1. 半分以下のマイルで航空券ゲット
  2. 初回搭乗で1,000マイルゲット
  3. 毎年最初の搭乗で1,000マイルゲット
  4. もれなく2,000マイルゲット

 

1.半分以下のマイルで航空券ゲット

マイルは飛行機のポイントのようなもので、貯めると航空券に交換できます。

JALグループのほとんどの国内線を往復でたった6,000マイルで交換することができます!

例えば、通常は東京沖縄間の15,000マイル必要ですが、そんなロングフライトでもたったの6,000マイルで交換できます。

片道に関しては3,000マイルで交換できます!

ちなみに大阪福岡間の片道では最大309マイルしか貯まりません。

「片道分でも10回は乗らなあかんやん」

と思う方もいらっしゃると思います。

でもそんな心配はいりません!次の項目をご覧ください。

f:id:firstabroad:20200104170624j:image

 

2.初回搭乗で1,000マイルゲット
3.毎年最初の搭乗で1,000マイルゲット

 

例えば毎年1回、大阪福岡間を片道で乗ると、3年間で最大3,927マイル貯まります。(2020年3月までは)

割引運賃を使っても3年間最低1回搭乗するだけで、3,000マイルは確約されるのです!

※これは2019年度時点の話で2020年度からはさらにヤバイことになります...

f:id:firstabroad:20200104173943j:image

f:id:firstabroad:20200104163337j:image

 

4.もれなく2,000マイルゲット

※このサービスは2020年4月からです。

カードに入会するだけで2,000マイルもらえちゃいます。つまり、項目2.3と項目4を組み合わせれば1回乗るだけで3,000マイルが貯まり、東京から沖縄まで無料で行けちゃうのです!

 

実家暮らしで帰省等で飛行機に乗らない方もとりあえず作っておくべきカードだと思います!

f:id:firstabroad:20200104163345j:image

 

読んでいただきありがとうございました!