そのへんの大学生。旅行とトレンドの日記。

関西を中心としたコスト重視者向けの旅雑記。

シンガポール1 日本にも就航!! 国営ロイヤルブルネイ航空搭乗記

東南アジアの富裕国ブルネイにも国営の航空会社があります。

ロイヤルブルネイ航空と言います。

いかにも国営みたいな会社ですね。

今回はこれでシンガポールまで向かいたいと思います!

 

同社の簡単な紹介をしておくと、小国の国営会社ながらも機材は長距離線にも対応しているB787を所有しています。そしてロンドンや成田にも就航しております。そんなお金持ち国営会社に搭乗すると、どのようなサービスを受けられるかをレビューしたいと思います。

 

ブルネイ空港の離発着数は少なく、20便程度です。隣国のマレーシア、シンガポールからの便がほとんどです。

f:id:firstabroad:20200820194145j:image

 

実は本来はシンガポール航空の子会社シルクエアーで行く予定でしたが、寝坊してしまったため、カウンターで買い直す羽目になりました。

292ブルネイドル(22,200円)でした、かなり痛手です。。
f:id:firstabroad:20200820194118j:image

 

このように発券してもらいました。

トラブルがあったので搭乗まであと5時間もあります。

18:30発 BI423便 ブルネイチャンギ
f:id:firstabroad:20200820194202j:image

 

制限エリア内にはプライオリティーパスで入れるラウンジやフードコートがあります。

私はプライオリティーパスを持っていなかったのでフードコートで過ごすことにします。

フードコートはビュッフェ式です。

おかずが数種類並んでいて自分の食べたいものを大皿によそってもらいます。

日本食らしいものはなく、お米もタイ米でした。

見たことのないおかずだったので、とりあえず、鶏肉や野菜炒めなどの当たり外れのないものを選びました。

f:id:firstabroad:20200820194108j:image

 

こんな感じ。

コンセントも備え付けられているので長居できそうです。

ここで食事をとってパソコンをしようと思います。
f:id:firstabroad:20200820194131j:image

 

搭乗時刻が近くなってきました。

夕方ということで、ある程度の便数はあります。

メルボルンにも便があるみたいですね。

f:id:firstabroad:20200820194156j:image

 

搭乗ゲートは非常にコンパクトな印象でした。

円形のホールの中心から放射線状に伸ばした先に搭乗口があるため、万一ゲートを間違えても影響しないのでいいと思います。

f:id:firstabroad:20200820194057j:image

 

今回お世話になる飛行機。
f:id:firstabroad:20200820194036j:image

 

機材の準備が遅れているため、搭乗開始時刻は10分ほど遅れました。
f:id:firstabroad:20200820194047j:image

 

ブルネイ航空は大手アライアンスに加盟していないため、上級会員向けの優遇は特に見当たりませんでした。
f:id:firstabroad:20200820194946j:image

 

短距離線ですが、しっかりとヘッドレストがある座席でした。

これはポイント高いと思います。

f:id:firstabroad:20200820195136j:image

 

機材はA320。他にもB787でロンドンはシドニーにも就航しております。
f:id:firstabroad:20200820195104j:image

 

モニターの角度を変えられるのですが、最大限傾けてみました。

こんな角度でモニターを設定して見る人はいないと思いますが、機能性を共有しておきたいと思います笑笑
f:id:firstabroad:20200820194937j:image

 

気になる座席ピッチですが、正直狭いです。

LCCなら想定内ですが、フルサービスでこのピッチは想定外でした。

Peachジェットスタージャパンレベルの狭さではありませんでしたが、やはり狭かったです。

私は身長が170cmもない小柄なので、そこまで問題ないですが、大柄な人は窮屈に感じると思います。
f:id:firstabroad:20200820195017j:image

 

テーブルは普通の背面テーブルで、特に変わった特徴はありません。

f:id:firstabroad:20200820195032j:image

 

洗面所も至ってシンプル。
f:id:firstabroad:20200820195208j:image

 

ひとつ印象に残っているのはこの石鹸。

とてもいい香りでした。

f:id:firstabroad:20200820195159j:image

 

用を済ませて機内を見てみると、搭乗率がかなり悪いことがわかりました。

だいたい1割ぐらいだったと思います。

私は飛行機の真ん中の後方ぐらいに搭乗していたのですが、後ろには誰も乗っていませんでした。

f:id:firstabroad:20200820195054j:image

 

CAの方からイヤホンとおしぼりを手渡しで頂きました。

このおしぼり、とてもいい匂いでしたよ。

f:id:firstabroad:20201012221630j:image

f:id:firstabroad:20201012221619j:image

 

機内食。2時間ちょっとのフライトですが、国際線なので提供されます。

ドリンクは7upをチョイス。

食べている間に既に高度を下げ始めていました。

食べきれないパックされたお菓子は、後で小腹が空いた時に食べようと思います。
f:id:firstabroad:20201012221517j:image

 

機内モニターを触っていると、現在飛んでいる位置が分かります。

どの航空会社も目的地までの距離を示しているものがほとんどです。

しかし、ブルネイ航空はそれに加えてメッカの位置まで表示されていました。

イスラム教を信仰しまくってる国というのをうかがえる国です。
f:id:firstabroad:20200820195114j:image

 

そうこうしているうちにシンガポールチャンギ国際空港に着陸しました!

入国審査に非常に時間がかかり、入国できたのが22時ほどになりました。

実は、この2時間後の0時から入国した人は隔離措置されるとのことでした。(いやー危なかった)

気軽に海外に行ける日が来るのを1日も早く来ることを祈るばかりです。。

f:id:firstabroad:20200820195149j:image

 

まとめ

東南アジアの富裕国ブルネイに行く際はシンガポール経由で行くことが一般的です。

もちろん両国の往来は各国のフラッグキャリア(ブルネイ航空・シンガポール航空)が就航しています。

両方の航空会社にのったのですが、やはり圧倒的にシンガポール航空のサービスがよかったです。

ただブルネイの文化、サービスに触れたい方はブルネイ航空に乗ってみるのはいかがでしょうか?世界でも数少ない国営航空です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

※この記事の写真は2020年3月に撮影しました。

【トランジットで観光はできる?バンコク編】

※この記事の写真は2019年8月に撮影しました。

 

みなさんは海外旅行へ行く時、直行便を利用しますか?それとも経由便を利用しますか?

 

経由便を利用した時で長めのトランジットだと、空港で暇なので外にでてプチ観光してみたいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方のためにトランジットで注意してほしいことを体験談に基づいて書きたいと思います。

 

今回の空港はタイバンコク、ドンムアン国際空港です。この空港はスワンナプームができるまではフルサービスを含め、バンコクの空の玄関口でした。しかし今ではLCC専用空港として機能しています。

 

トランジットは以下の内容です。

1時35分 デンパサール発

4時55分 ドンムアン着

14時10分 ドンムアン発

21時55分 関空

 

f:id:firstabroad:20190902113042j:image

私が入国審査を受けようとしたのは午前5時頃です。かなりの早朝にも関わらずにぎわっていました。

いよいよ入国審査!と思ったのですが...!

できませんでした。。

どうやらタイでは同日中に出入国ができないようです。

同日中に出入国をする際はドンムアン空港の使用税を納めないといけないらしく、700バーツかかります。

f:id:firstabroad:20190902113111j:image

ということで9時間ほど制限エリア内で待機することにしました。硬めのイスの待合室で寝るか携帯をいじるか本を読むか...しかできません。

f:id:firstabroad:20190902113301j:image

一応免税店や売店はありますがLCCの空港らしく、種類は豊富ではありませんでした。

 

※お金を払えば少し快適なところで過ごせます。詳しくは近日記事にして紹介したいと思います。

 

まとめ

みなさんに注意していただきたいのは同日中出入国ができないということです。トランジットで入国する時は前日に入国するようにしましょう。飛行機が日付が変わる夜12時前に到着していたとしても入国時に12時になっていたら入国できないのでプチ観光する際は余裕をもったフライトスケジュールで飛行機を予約しましょう。

私のおすすめはトランジット地で1泊するとゆとりができていいと思います!

短文ですが、読んでいただきありがとうございました!

【peachだけじゃない!韓国旅行おすすめのLCC】

エアプサンを使って釜山から関空に帰国について書きたいと思います。

 

エアプサンFSCアシアナ航空の子会社的存在です。

日時は2019年1月7日。2日間何もすることがなかったので、年末に往復14,950円で飛行機が発売されていたので購入しました。

金海空港では自動チェックインカウンターがあるので、受託手荷物がない時はそちらを使うことをおすすめします。

 

BX122 釜山金海~関西

f:id:firstabroad:20190613135427j:image

 

では搭乗したいと思います!

f:id:firstabroad:20190613135502j:image

 

今回搭乗する飛行機はエアバスA321です。短距離型の飛行機です。

f:id:firstabroad:20190613135539j:image

 

座席ピッチはpeachよりも広く、LCCにしては広めです。

写真にはありませんが、離陸体制が終わるとコップ1杯のドリンクサービスがありました。

 

国際線は液体の保安検査が厳しいので、これは素晴らしいサービスだと思います。


あっという間に関西国際空港に到着いたしました!

 

エアプサンは直前になると売り切りセールを実施します。醜いコロナウイルスが落ち着いたら、それを狙って海外旅行しちゃいましょう!

 

短文ですが読んでいただきありがとうございました!

 

※この投稿は2019年1月時点の情報です。

現在はドリンクサービスは廃止されています。

【夜行バスより安い!?究極のLCCで長崎へ】

みなさん、こんにちは。今回は激安で有名なpeachを使って長崎市内へ行ったことを書きたいと思います!

 

peach MM177で関空から長崎へ向かいます。

エアロプラザからエスカレーターを降り、無料のバスで第2ターミナルへ向かいました!

だが!...

f:id:firstabroad:20190603172543j:plain

 

1時間半の遅延でした...

まあ、LCCですから仕方ないですよね笑笑

ちなみに運賃と空港税などもろもろ込みで4,640円でした。安すぎますよね。

 

しかたなく、エアロプラザへ戻り、昼食を摂ることにしました。

申し訳ないのですが、昼食の写真を取るのを忘れてしまいました。

 

13時30分になり、T2という無機質なターミナルに向かい搭乗します!

f:id:firstabroad:20190603182100p:plain

 

A320は何回も乗ったことがありますが、peachA320しか保有していないようですね。

 

1時間のフライトであっという間に長崎空港に到着です。

空港はかなりコンパクトだったので、降機してから5分ほどで外に出ることができました。

(受託手荷物がなかったこともありますが笑)

 

長崎市内まで鉄道でのアクセスがないので、高速バスで移動します。

f:id:firstabroad:20190603183013j:plain

私を含めて始発停留所からは2人ぐらいしか乗っていなかったので、快適に過ごせました。

 

1時間乗って1000円なので、高くはないでしょう。

 

f:id:firstabroad:20190603190321j:plain

長崎市内に到着いたしました!

時刻は16時半前です。

 

飛行機が遅延してしまったので、予定が狂ってしまいました。ゆっくり観光してみたかったのですが、残念です。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

【18きっぷOK】まるで寝台!? リゾートしらかみ 乗車記

青森駅秋田駅をむすぶ観光列車、リゾートしらかみ号。

青森秋田間は本来山間部のルートを通った方が早く着きますが、この列車はあえて日本海側遠回りルートを通り、あたりのオーシャンビューを楽しむことができます!

しかも、快速列車のため、18きっぷを利用することができます。

ただし、全車指定席のため、指定席料金530円は券売機で購入してください。

沿線にはさまざまな観光スポットがあるのですが、数時間に1本程度しか走っていません。

しかし、これは観光地で長時間停車のあるため、クルマで移動しない人は非常に便利な列車だと思います。

 

13:51発 快速リゾートしらかみ4号 全区間乗車

リゾートしらかみには数種類の編成があります。

今回はくまげら編成と呼ばれるものです。

この編成には車内販売と自動販売機はないのであらかじめ食べ物は事前に購入しておくようにしましょう。
f:id:firstabroad:20200918071139j:image

f:id:firstabroad:20200928075611j:image

 

今回は個室部屋を予約しています。

3人での旅行のため、せっかくなら!と

プライベート間のある席にしたのです。

 

この個室部屋は全国のみどりの窓口にて販売しています。

繁忙期には満席になりやすい席です。

早めにきっぷを購入しておきましょう。

(乗車日の1ヶ月前の午前10時から売っています)

 

特急列車のような一般的な座席設備もありますが、3人以上の複数人だと、周りを気にせず、他人との距離も保てるので利用してみてはいかがでしょうか。
f:id:firstabroad:20200918071128j:image

 

この座席、畳のようにフラットにできちゃうのです!

個室に書いてある説明通りにいろいろ操作すると...
f:id:firstabroad:20200918071150j:image

 

こんな風に様変わり!!

横になりながら昼寝だってできちゃいます。

座席を仕切っていたものを枕にして寝るのも気持ち良かったです。

f:id:firstabroad:20200918071201j:image

 

〜デッキの紹介〜

洗面所は濃いオレンジ色で派手です。
f:id:firstabroad:20200918071223j:image

 

ちなみにこちらが普通席です。f:id:firstabroad:20200918071213j:image

 

一番前の車両には簡易ラウンジスペースがありました。

日付にもよりますが、限定された日では津軽三味線の民謡を生演奏で聴くことができます。

f:id:firstabroad:20200918071428j:image

 

車内には走行する五能線の沿線案内リーフレットがあります。

Googleで調べなくても友人と同じものを共有できるのがリーフレットのメリットなので会話も盛り上がるでしょう。

f:id:firstabroad:20200928082556j:image

 

〜沿線紹介〜

千畳敷という絶景スポットがあります。

列車は辺りの観光のために15分ほど停車してくれています。

今回は雲が多いため絶景といえるほどではありませんでしたが、ちょっと観光するにはぴったりの広さでした。

f:id:firstabroad:20200918071519j:image
f:id:firstabroad:20200918071453j:image

 

能代にはバスケの強豪校があり、スラムダンクのモデルにもなっています。

そのため、駅にはゴールが設けられています。

秋田行きについては長時間停車してくれませんが、

青森行きについてはゴールで遊ぶ時間を設けてくれるそうです。
f:id:firstabroad:20200918071532j:image

 

夕方になると日本の原風景のような景色が広がります。

私たちがこういう所で取れたお米を食べているのでしょうね。感謝。

f:id:firstabroad:20200918071506j:image

 

乗車から5時間、秋田駅に到着しました!f:id:firstabroad:20200918071441j:image

 

まとめ

リゾートしらかみは全区間乗り通すと5時間かかります。

しかし、フルフラットにして横になっていたおかげで全く疲れはありませんでした。

一般の座席と指定席の値段は全く同じなので、リゾートしらかみに乗る際はぜひ個室利用を!!

 

最後まで読んでいただきありがとうごさいました!

青森 レンタカー 旅行記 酸ヶ湯温泉では想定外のことが!?

今まで当ブログでは公共交通機関について書いてきました。

しかし。今回紹介する青森県は、それが都市部と比べ発達しておらず、クルマを利用した観光の割合が高いです。

そのため、青森空港からレンタカーを借りて観光したことについて書きたいと思います!

 

関西から青森までは2時間弱。

空港では青森らしいオブジェがお迎えしてくれます。

f:id:firstabroad:20200825144629j:image

 

空港にあるレンタカー各社は1か所にまとめられているため、非常に分かりやすくていいと思います。

途中で不思議な看板を見つけました。

ロシア語が書いてあるのです!

北海道の稚内などではよくある光景ですが、本州で見られるとは思いませんでした。

f:id:firstabroad:20200821154802j:image

 

空港からクルマを走らせ20分。津軽ラーメンと呼ばれる鰹節が効いたスープのラーメン店「煮干し結社情熱ビリー」に入りました。

とても煮干しの香りがしていて、美味しかったです。

また、温かい出汁の入ったピッチャーが常備されているので、味変しても面白いかもしれません。
f:id:firstabroad:20200821154928j:image

 

お腹が満たされたところで再びクルマを走らせ5分ほど。

縄文時代の遺跡で有名な三内丸山遺跡に到着しました。

https://sannaimaruyama.pref.aomori.jp

入場料は学生はたった200円のため、是非行くべき場所です。

f:id:firstabroad:20200821154914j:image

 

博物館スペースと集落が再現されたスペースがあります。後者はかなり広く、夏の暑い日に歩き回ると汗が吹き出るほどです。(青森とはいえ、涼しくもなんともない)

 

大型掘立柱建物跡と呼ばれる建物の跡です。

発見当初は柱の跡しかなかったのですが、

復元されている建物は後から再現しているものです。

 

縄文時代の生活がどのようなものだったのか、再現風景を通じてよくわかる施設でした。

f:id:firstabroad:20200821154450j:image

 

山道を1時間ほど走ると突然現れる施設がここ酸ヶ湯(すかゆ)温泉です。

全国的有名な温泉なので、青森を訪れると来ることをお勧めします。

また、混浴のお風呂があることでも有名です。

 

今回は9,000円ほどで宿泊します。

f:id:firstabroad:20200821154828j:image

 

お部屋はこんな感じ。

6畳一間のシンプルな部屋です。

布団はセルフで敷かなくてはなりませんが、自分のタイミングで寝る部屋にすることができるので、私は好きです。

ただ、一つ残念なのが、トイレと洗面所がないこと。

用を足す度に部屋を出て同じフロアのトイレに行かなくてはなりません。頻尿には辛いものです。

f:id:firstabroad:20200821154307j:image

 

〜温泉〜

温泉は2種類あります。

1つ目が名物の「ヒバ混浴風呂」です。

これは掛け湯スペースと濁った湯の温泉があるだけで、身体を洗う所は備わっていませんでした。

宿泊当日は夏のため、湯気でお互いの姿が見えないことはありませんでした。

中は男女共通の空間ですが、温泉の浴槽の中に「男女」の区別する看板があるため、お互いのエリアを行き来することはできません。

ちなみに当日は混浴どころか、温泉内には私ひとりだけでした。しかし、どこか混浴のため違和感のある空間でした。

f:id:firstabroad:20200908104445j:image

出典:JR東日本

 

2つ目は「玉の湯」です。これは、男女が分けられている温泉で、身体を洗う場所が設けられています。

一般的な温泉の入り方となんら変わりはありません。

広さに関して、洗い場は4カ所、浴槽もかなり狭かったです。

この旅館は客室が100室ほどあるため、コロナ前の繁忙期にはどうやって捌いていたのか疑問です。

 

お風呂から上がり、夕食です。

開始時刻は19時までで、私はこの時間に開始しました。
f:id:firstabroad:20200821154748j:image

 

夕食はこんな感じ。

お鍋の中は鶏肉と野菜が入っており、非常に美味しかったです。

 

お肉だけではなく、お刺身や生ハム、あゆの塩焼きなどもありました。そのため、食べ応えはありました。

ご飯と味噌汁はおかわり自由で、味噌汁についてはなめこ汁でした。

 

また、部屋付けでビールや日本酒を注文する方ができます。

日本酒は利き酒セットがあるため、お酒好きな人にはおすすめです!

f:id:firstabroad:20200821154844j:image

 

〜就寝中〜

昭和初期に建てられた木造建築のため、物音や話し声がとても響きます。

そのため、夜は忍び足で歩いた方がいいと思います。

 

〜翌日〜

朝7時半に起床。

直後に夕食会場と同じ場所で朝食を食べます。f:id:firstabroad:20200821154858j:image

 

朝10時までにチェックアウトをしました。

GoToトラベの適用を受けるために宿泊証明書を受け取りましょう。

他にも領収書などが必要です。

下記URLから申請できます。

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=oeqi-leoeme-a634d157fbf284896e4e85574048b70e

f:id:firstabroad:20200912092345j:image

f:id:firstabroad:20200821061033j:image

 

酸ヶ湯温泉から山を降りクルマで10分の所に八甲田山のロープウェー乗り場があります。

これに乗って山頂まで向かいます。
f:id:firstabroad:20200821061014j:image

 

まるで北海道のような雄大な景色です。
f:id:firstabroad:20200821060947j:image

 

山頂から徒歩15分の所にある湿原は絶景です。

自然の空気と草花で癒してくれます。
f:id:firstabroad:20200821061137j:image

 

友人と会う約束があるため、青森市街地に戻ります。

待ち合わせまで少し時間があったため「のっけ丼」で有名な場所に来ました。

中の市場のネタにはネタごとに点数が設定されています。

チケット発券所で5点券、10点券が発売されており、それぞれ750円、1,500円です。

つまりのっけ丼は、好きなネタを選べることができ、自分好みのオリジナルな海鮮丼を作ることができるのです。

f:id:firstabroad:20200821061235j:image

 

ちなみに10点券を全て使ったオリジナル海鮮丼です。(これプラスあら汁)

かなりボリューミーで、体積もご飯よりネタの方が圧倒的に多かったです。

もはや海鮮丼というより海鮮の下に白米が敷いてあるというイメージです笑笑

f:id:firstabroad:20200821060958j:image

 

〜クルマ返却〜

13時に青森駅オリックスにレンタカーを返却しました。

空港から駅の乗り捨てプランでしたが、特に乗り捨てて料金はかかりませんでした。

青森駅と観光地や温泉のアクセスには一応バスで移動できます。

しかし、頻繁に運転されていないため正直使いづらいです。

対してレンタカーは24時間で4,800円と少し高めですが、時間節約の意味とシームレスな意味で価値のある移動手段だと思います。

 

この後友人と八甲田丸の近くで集合しました。

ちまみにこれは青函トンネルができる前、北海道と本州を結んでいた交通の要だった船をそのまま改装してできた博物館です。

f:id:firstabroad:20200821060935j:image

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

新幹線の隣を走る在来線!? 秋田〜盛岡 普通列車乗車記

北東北の都市、秋田。

今回は秋田から盛岡まで行きたいと思います!

盛岡に着いた後、先の釜石まで乗車する予定なので、秋田駅から青春18きっぷを利用します。

そのため、秋田新幹線に乗ることができません。

ですが、この区間は新幹線と言っても在来線の隣・共通の線路を走るため200kmを超えるような高速運転はできません。

つまり、在来線の特急と同じ速度でしか走らないのです。

そのせいもあって在来線は2時間半、新幹線でも1時間ほどと、あまり差がありません。

18きっぷと新幹線特急券は併用できず、今回の時刻表的に新幹線に乗っても着く時間が同じだったため、普通列車で行くことにします。

 

朝5時50分、秋田駅からピンク色の電車に乗り込みます。

新庄行きですが、途中の大曲で下車します。

秋田盛岡間を普通列車で移動する際には必ずこの駅で乗り換えないといけないのです。その理由は、線路の幅が異なるからです。

秋田大曲間の普通列車は新幹線のレールの隣を走ります。

 

ところが、大曲盛岡間は線路が1本しかありません。

そこで、新幹線用のレールに対応した普通列車に乗り継いで盛岡まで行くことになるのです!

5:54発 普通列車 盛岡行き 全区間乗車

f:id:firstabroad:20200821060006j:image

 

向こうに見えるのは、15分後に発車する始発の秋田新幹線です。この新幹線に乗っても

普通列車が大曲に到着する前に追い抜く予定です。

f:id:firstabroad:20200821060101j:image

 

秋田出発から35分後、刈和野駅に到着。

この駅に停車している途中に、追いかけてきていた秋田新幹線に追い抜かれます。

在来線の横を新幹線が通るのは非常に違和感です。

f:id:firstabroad:20200825221428j:image

 

出発から50分。大曲駅に到着。

この地域は夏になると花火で有名になります。

同時に田沢湖さんの終点でもあります。

f:id:firstabroad:20200821065728j:image

 

同じホームでの乗り換えのため、煩わしさはありません。ここから新幹線と同じ幅のレールを使った普通列車に乗り換えて盛岡まで向かいます。

学生も多かったです。

これを逃してしますと、次の普通列車は4時間後の午前11時。

みんな同じ列車に乗るのは当たり前で、逆に乗っていないとヤバいことになるのでしょう。

f:id:firstabroad:20200821065710j:image

 

列車は立ち客もいるほどの乗車率。

車窓写真左側が一般的な在来線のレール。今走っているのが新幹線のレール。

少し後者の方が広いのがわかるかと思います。

f:id:firstabroad:20200825165110j:image

 

角館駅でほぼ全員の学生が降車したため、座席に座ることができました。

f:id:firstabroad:20200821081153j:image

 

雫石駅に到着。

単線のため、列車との行き違いもあります。

この駅ではE6系秋田新幹線の列車とすれ違いがありました。

音を立てずにスーっと通過して行きました。
f:id:firstabroad:20200821081140j:image

 

盛岡駅到着前、在来線と新幹線が分岐します。

単線だった線路がこのようになります。

秋田新幹線は左方向に分岐し、東北新幹線ホームへと合流するのです。

一方在来線は在来線のホームに到着します。

f:id:firstabroad:20200825161844j:image

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!