そのへんの大学生。旅行とトレンドの日記。

飛行機・鉄道・バスのおトク情報とトレンドを発信!普通の大学生なので、更新頻度は月5回を目標にちまちまと執筆。

ヤンゴン6 【アクセス抜群】1泊1500円の部屋を紹介!

※この記事は2020年2月末に執筆しました。

 

みなさん、こんにちは。今回は乗り物に関しての記事ではなく!あるホテルを紹介したいと思います。

それはヤンゴン市内にある「メイシャンホテル」です。先に申し上げますと、いわゆりドミトリーではなく個室です。

 

ピンを立てている所がホテルです。街の中心スーレーパゴダからいかに近いかが伺えます。

シュエダゴンパコダなどの一番の観光地はもちろん、空港アクセスバスの乗り場もここから歩いて30秒ほどで着きます!

f:id:firstabroad:20200401201751j:image

 

外観はこんな感じです。隣には24時間営業のコンビニもあるので、夜の晩酌もしやすいです。

f:id:firstabroad:20200228025757j:image

 

パゴダは朝6時から開いているので、朝活にもぴったりです。

f:id:firstabroad:20200228025726j:image

 

チェックインし、3泊分の宿泊費8800円を現金で先払いしました。通貨はチャットだけでなく、米ドルも使えるみたいです。2人で行く予定だったので、友達からの分と割り勘すると、1人1泊1500円弱の計算になります。

今回お世話になる部屋は306号室、窓がない部屋です。オートロックではないので部屋を出る際は鍵をかけるのを忘れないでください!

f:id:firstabroad:20200228025736j:image

 

Booking.comで予約した時にはダブルかツインかは選べませんでした。うんを言わさずダブルルームにぶちこまれました。

どうしてもツインがいい方はやはりツインが確約されるプランを予約することをおすすめします!

全体的にライトは薄暗く、部屋用スリッパはありません。

私は寂しさを紛らわすために常にテレビをつけていました。

ダブルベッドらしいのですが、かなり横幅が狭いので2人寝るのには窮屈だと思います。

WiFiの感度も悪くなかったです。

私は現地のSIMカードを持っていたのであまり使いませんでした。

f:id:firstabroad:20200402143028j:image

 

アメニティ、設備を紹介します。

小さいタオルとバスタオルは各2枚ずつ用意されています。下の写真は2日目に撮影した写真なので1枚ずつしかありませんが、タオルを使い切った日にはじめて交換してくれるみたいですね。

ペットボトルの水も2本あります。こちらも2本とも使ってから補充されるみたいです。

ガラスのコップも2つ用意されていました。
f:id:firstabroad:20200228025746j:image

 

ミャンマーのコンセントはBFタイプで日本のものは対応していません。

しかしここのコンセントは万能で、日本のものも使うことができました。
f:id:firstabroad:20200228025715j:image

 

水回りのチェックです。ユニットバスで浴槽の中でシャワーを浴びるスタイルです。なぜか、そこにカーテンは付いていませんでした。

f:id:firstabroad:20200228025859j:image

 

歯ブラシもあります。

シャンプーとボディーソープですが、ケチャップのソースが入ってそうなピンクの入れ物です。プッシュ式のシャンプーとボディーソープはありません。

初日、私はシャンプーがないと思って、コンビニでわざわざ買いに行ってしまいました。少しもったいない出費でした。笑
f:id:firstabroad:20200228025909j:image

 

朝食

毎朝、無料のちょっとした朝食が1階のダイニングで提供されます。朝7時から開いています。内容は薄切りのパン2枚とコーヒーか紅茶のセットになっています。

2日目の朝に関しては追加でバナナも出してくれました。なぜかはわかりません。笑

 

まとめ

このホテルは必要最低限のアメニティが揃っていて、ヤンゴン市内各地へのアクセスにも優れた立地にあります。目の前のバス停からは主要な観光地にノンストップで行くことができます!

とにかく、立地が完璧なので、ヤンゴンに来た際は検討してみてはいかがでしょうか?

日本からヤンゴンの直行便はANAが1日1瓶成田空港から飛ばしています。

 

読んでいただきありがとうございました!

【しらさぎ】しらさぎ号は毎日変わり者?

みなさん、こんにちは!今回は少し変わった運用方法の特急列車について紹介したいと思います。

その特急は、「しらさぎ号」です。

しらさぎ号は金沢〜名古屋まで運行されている列車です。以下の写真敦賀駅に関しては、サンダーバードと引けを取らないぐらいの頻度で運行しています。

f:id:firstabroad:20200313164632j:image

 

13:10発 しらさぎ8号 自由席

敦賀一岐阜 一部区間乗車
f:id:firstabroad:20200313164615j:image

 

簡単に座席周りの設備を紹介します。

前後間隔は普通車なりに広々としていて申し分ありません。
f:id:firstabroad:20200313164312j:image

 

テーブルは背面テーブルとインアーム式のテーブルがあります。同時に使うこともできますが、インアームのほうはドリンクの窪みが背面のものに重なってしまいます。なので、両方のテーブルを同時に使う必要性はないと思います。
f:id:firstabroad:20200313164244j:image

 

リクライニングは肘掛けのボタンを押して倒します。フルで倒してもご覧のとおりです。東海道新幹線の普通車と比較すると思った以上に倒れませんでした。
f:id:firstabroad:20200313165830j:image

 

各車両の前には案内放送もあります。大きなモニターではないので、少し見づらかったです。
f:id:firstabroad:20200313164718j:image

 

デッキの方までやってきました。

男性用の小便器と男女兼用の洋式トイレを備えていました。
f:id:firstabroad:20200313164647j:image

 

洗面台も清潔感があり、よかったです。デッキは必要最低限の設備が整えられているのが印象です。
f:id:firstabroad:20200313164257j:image

 

敦賀駅を出発して10分ぐらいで車掌が検札にやってきました。私は特急券をあらかじめ買っていなかったのでここで購入しました。1時間20分ほどの乗車で、普通列車も頻繁に運行されていないのでかなり移動時間の短縮につながると思います。なので、1,200円払う価値は十分にあると思います!
f:id:firstabroad:20200313164704j:image

 

長浜駅周辺の車窓です。のどかな田んぼが広がっています。この日はすごく晴れていて、散歩するのにもぴったりだと思います。

f:id:firstabroad:20200313165641j:image

 

スイッチバック

敦賀駅を出ると米原駅に止まるのですが、ここで進行方向が逆転します。一番前の車両が一番後ろの車両として運行されるのです!

米原駅JR西日本JR東海の管轄の境目となる駅で、乗務員も交代します。それに伴い、6分ほど停車しました。しかし、進行方向が逆になるというアナウンスもなく、米原駅を出発してしまったのです。

私はそんなことは知らなかったので、少しびっくりした反面、おもしろいと感じました。

私は座席を転換させるのがめんどくさく、以前の状態でも酔わない体質なので、このままにしておきました。他のお客さんは同じ車両に8名ほどいましたが半分ほどの方しか座席を進行方向に向けていませんでした。

以下 米原大垣間

進行方向が逆になっています。
f:id:firstabroad:20200313165700j:image

 

大垣駅を経て岐阜駅に到着いたしました!

f:id:firstabroad:20200313165621j:image

 

まとめ

しらさぎ号は、名古屋駅を通るにもかかわらず、定期的に東海区間を走る少し変わった車両です。中京圏の人だけでなく、首都圏の方も金沢に用がある際は乗ってみてはいかがでしょうか?北陸新幹線経由でもいいですが、特急券東海道新幹線名古屋経由の方が安いのでぜひご検討ください。

 

読んでいただきありがとうございました!

【271系】最新鋭の関空特急に乗車!

みなさん、こんにちは!今回は関空特急はるか号に乗車して、関空から途中の天王寺駅まで移動したいと思います。3月14日のダイヤ改正で全てのはるか号が9両になりました。それに合わせて、ほとんどの編成で既存の281系6両車が新しい271系3両と連結して運行することになっています。

今回はそんな最新鋭の車両に乗車してみて正直に思ったことを書きます!

 

関西空港駅の様子です。今の国際情勢のせいで、ハイシーズンにも関わらず閑散としていました。

f:id:firstabroad:20200319084609j:image

 

今回のきっぷです。自由席に限りですが、特急券みどりの窓口だけでなく、普通の券売機でも購入することができます。

 

21:25発 はるか58号 関西空港天王寺 

途中下車

f:id:firstabroad:20200319233548j:image

 

今回乗車する車両です。ハローキティ塗装されていました。JR西日本はどこまでキティちゃんに依存してるのでしょうか?京都方面を進行方向にして、前6両は従来の古い車両で、後ろ3両が新型車です。関西空港の改札を通って階段を下って左方向に進んでいくと乗ることができます。なかなか遠かったです。
f:id:firstabroad:20200319084625j:image

 

一番後ろの車両9号車にお世話になります。2+2の座席配置です。9号車は天王寺駅まで貸し切り状態でした。

f:id:firstabroad:20200319084544j:image

 

自由席なので適当に座ります。287系くろしお号に見た目は似ています。
f:id:firstabroad:20200319084555j:image

 

座席ピッチはこんな感じで十分に確保されています。座席背面にはフックも用意されています。

f:id:firstabroad:20200319084823j:image

 

テーブルは背面テーブルで前後に動かすことはできません。普通車ですが、PC作業しても十分な大きさのテーブルです。ドリンクの窪みも2箇所用意されています。
f:id:firstabroad:20200319084755j:image

 

リクライニングは肘掛けのボタンを押すと倒れます。さすがは最新型列車。めちゃくちゃ倒れます!
f:id:firstabroad:20200319084808j:image

 

それと決定的に違うのはコンセント。普通車でも全席にコンセントが用意されているので、充電がなくなりそうなときでも安心です。

f:id:firstabroad:20200319125632j:image

 

最近の車両では標準装備となっているWi-Fiも完備です。感度もよかったです。問合せに関しては、英語のみの対応なのでご注意ください。
f:id:firstabroad:20200319084748j:image

 

もちろん、座席の回転もご覧の通り。各座席下のレバーを押すと座席が回転します。

f:id:firstabroad:20200319084816j:image

 

前方には大きな案内モニターもついていて、行き先がひと目で分かります。日英中韓4カ国語で表示されるので、インバウンド客の方にも優しいと思います。

f:id:firstabroad:20200319125714j:image

 

デッキの紹介です。

従来の281系車両と同じく、大きな荷物を置くスペースも用意されていました。残念ながら荷物の施錠はできないので、盗難には十分気を付けましょう。私はラピートのように施錠ができると思っていたので残念でした。どうしても閉めたい人は南京錠を持参してくっついている紐と結びつけることをお勧めします。

f:id:firstabroad:20200320154512j:image

 

トイレはシンプルなデザインで使いやすいと思います!

f:id:firstabroad:20200319125710j:image

 

まとめ

新型車両のはるかとラピートを私なりに比較してみると以下のようです。

 

        座席 コンセント 防犯

はるか(普)       ○           ○                ×

ラピート(レ)    ○           ×                ○

 

発着駅の違いと値段の違いを考慮せずに考えると、大きな荷物を持っている人はラピート、コンセントが必要な人ははるかを選択するべきだと思います。

ただし、弁天町駅、西九条駅大阪駅に向かう人で大きな荷物を持っているからとラピートに乗るのはおすすめしません。途中新今宮駅で乗り換えが必要なのですが、南海とJRの乗り換え口ではエレベーターが一切設置されていないからです。JRとしてはエレベーターを設置すると、関空方面へ向かうお客様を逃してしまうのは分かりますが、利便性を考えて設置される日が来るのを祈るばかりです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ヤンゴン5【旧JR東】ミャンマー国鉄で学生街へ!

みなさん、こんにちは。今回はミャンマー国鉄に乗って、ヤンゴンの市街地からヤンゴンの学生街まで行きたいと思います。

 

ミャンマー国鉄はJR中古車の聖地とも呼ばれていて、昔に約200両もの電車を日本から輸出したことが知られています。

f:id:firstabroad:20200226014944j:image

 

ヤンゴン中央駅はヤンゴンからミャンマー各地に向けて長距離列車が発着するところです。決して本数は多くありませんが、鉄道旅を楽しむ人には欠かせない交通の要です。Googleマップで見ると街の中心から近そうに見えますが実際はそうではありません。街の中心は駅のホームの南側に広がっているのに対し、駅舎は北側に設置されているからです。スーレーパゴダから約20分ほどで行くことができます。

f:id:firstabroad:20200226015104j:image

 

路線図です。赤線は環状線で3時間に1本ほど運行されています。黄色線は運行頻度が高いので利便性は高いと思います。

私はこの路線図のHledan駅に向かってそこから学生街に行きます。

f:id:firstabroad:20200226015047j:image

 

ミャンマー語は読み書きできないので、窓口の人にGoogle Mapのビルマ文字を見せてきっぷを発券してもらいました。驚くべきは安さ。200チャットでした!(14円ぐらい)

環状線に関しては1周しても200チャットなので、1周乗って地元の生活を車窓から垣間見るのも面白いかもしれません。

f:id:firstabroad:20200226015001j:image

 

電車は115系の2扉車です。この時は空いていました。しかし、発車時刻になると座席は満席になり立ち客も現れるようになりました。ヤンゴンの路線バスは発展途上国なりには発達していると思うのですが、盛況していました。実用性の観点から見ると、大して頻繁に運行していない国鉄に乗る理由はないと思います。
f:id:firstabroad:20200226015029j:image

 

天井には扇風機も設置されていましたが、機能していないものが半分ぐらいありました。

窓も全開ですが、国鉄は時速30kmほどしか出ないので、あまり自然の扇風機を感じることはできません。なので空気はもわーんとしています。
f:id:firstabroad:20200226015014j:image

 

JRの車両感まるだしの一枚。

日本で活躍していた時代はボックスシートだったのでしょう。コート掛けもまだ残っていますが、暑いミャンマーでは別の用途で使われているのでしょうか?
f:id:firstabroad:20200226014921j:image

 

16時12分、ヤンゴン中央駅を発車しました。

16時15分発車と窓口に書かれていたのですが3分の早発でした。列車が発車すると同時に物売りの人たちも乗車してきました。主に弁当、食料品を販売していて、弁当に関しては車内で食べている方もいらっしゃいました。

特に車内検札もなかったのですが、物売りの人たちは運賃を払って乗車しているのでしょうか?
f:id:firstabroad:20200226015143j:image

 

30分ほどでHledan駅に到着しました。今回乗車したのはJR東日本奥羽本線で走っていた車両で、'新庄行き'の表示のまま運転されていました。

降車する時は特に停車駅のアナウンスもないので、自分の降りたい駅をGoogle Mapで確認しておくのがいいと思います。停車時間もそこまで長く設けられていないので、降りる駅が近くなったら扉の近くに立っておくことをおすすめします!

f:id:firstabroad:20200226015125j:image

 

ミャンマーの古都、ペグーにも国鉄は発着していますが、いかんせん運行頻度が乏しく、ダイヤも不安定です。

ミャンマー国鉄に乗りたい方はヤンゴンから学生街まで乗車することをおすすめします。ダイヤは不安定ではありますが、前者に比べて随分と運行頻度が高いので乗ってみてはいかがでしょうか?

読んでいただきありがとうございました!

 

ヤンゴン4 世界一の靴泥棒大国はミャンマー!?

みなさん、こんにちは。今回はミャンマーで起こったある事件を紹介したいと思います。

 

その事件が起こったのは、シュエダゴンパゴダです。ここはミャンマーで一番有名な観光スポットで、地元の人だけでなく、多くの観光客で賑わっています。

そこで何が起こったのかというと、

靴が盗られたのです!!

 

ミャンマーの寺院では、境内に入る前に靴と靴下を脱がなければなりません。地元の方はほとんどサンダルで参拝しにくるので、スニーカーで来てしまうと「いい靴があるなぁ」と狙われます。

特にこの寺院では観光客用と地元客用で入口が分かれているので注意してください!

観光客用の入口には、お寺の人がいるので、脱いだ靴を預かってくれます。そして、エスカレーターを使って本殿まで行くことができます。

対して地元客用の入口には係員もいなく、玄関で靴を脱ぐ要領で中に入ります。なので、防犯に関しては最悪のコンディションです。

 

この寺院のみならず、靴を脱がなければならないところにはビーチサンダルで来るのがいいと思いました。

どうしてもビーチサンダルで行くのが嫌という人は、ビニール袋を持ってきて靴を入れ、参拝時に持って歩くのがいいと思います!

※加えて、足の裏が汚れるので、ウェットティッシュをも携帯しておいた方がいいです!

f:id:firstabroad:20200226014215j:image

 

短い文でしたが、読んでいただきありがとうございました!

ヤンゴン3 市内を1日かけて観光してみた話

みなさん、こんにちは!今回はヤンゴン市内を観光したことについて書きたいと思います。

前回も言ったのですが、飛行機で隣の席だったベトナムの方と一緒に観光しました。彼は航空会社のCAだったので、私の下手くそな英語でも理解してくれました。そのおかげで円滑に旅程を進めることができてよかったです。

大まかな流れを箇条書きで紹介します。

  1. スーレーパゴダ
  2. シュエダゴンパコダ
  3. チャウタッジー寝釈迦仏
  4. インヤー湖
  5. 昼食
  6. ボージョーアウンサンマーケット
  7. 学生街
  8. 夕食

 

7:30

ホテルから見た街の中心地です。とてもきれいでした。

f:id:firstabroad:20200226013114j:image

 

9:00

ベトナム人の人とスーレーパゴダの前で待ち合わせて、観光を始めました。

スーレーパゴダは6時から21時まで開いているのですが、朝9時の時点で、中は既に地元の方でいっぱいでした。地元の方は無料で入れますが、外国人は3000チャット(220円ぐらい)払わなくてはなりません。このシールがチケットを払いました印です。
f:id:firstabroad:20200226013157j:image

 

靴を脱いで境内に入ります。靴箱はチケット売り場の近くに用意されているのでご安心を。
f:id:firstabroad:20200226013127j:image

 

みなさん、お祈りしてます。
f:id:firstabroad:20200226013142j:image

 

9:30 

スーレーパゴダの前のバス停から29番のバスに乗り込み、シュエダゴンパコダに向かいます。他にも36番、61番、12番のバスに乗っても行くことができるようです。(200チャット、15円ぐらい)
f:id:firstabroad:20200226013211j:image

 

私たちが降りるバス停を察してくれたのか、地元の人が声をかけてくれて乗り過ごしを防いでくれました。

最寄りのバス停から10分ほど上り坂を歩いたので、汗が噴き出ました。タクシーも高くないので、使った方がいいかもしれません。

 

シュエダゴンパコダの入場料は10000チャット。(750円ぐらい)   ゆっくり見ると2時間ぐらいかかると思います。ここに関しては別の記事で詳しく紹介します。

f:id:firstabroad:20200226013352j:image

 

圧倒されます。
f:id:firstabroad:20200226013433j:image

 

12:00

タクシーで寝釈迦仏像に向かいました。4000チャットでした。2人で割り勘したので2000チャットで移動できました。

高さは4階建ての家ぐらいあるらしいです。

思った以上に「でか!!」と思ったので訪れる価値はあると思います。入場料もタダです。

f:id:firstabroad:20200226013601j:image

 

12:30

同行しているベトナム人の情報によると、インヤー湖にパゴダ(寺院)があるらしく、ここに来ました。しかし、実際にはなく、フレッシュジュースを飲んだこが唯一のここでの思い出です。

f:id:firstabroad:20200305085931j:image

 

13:40

地元でも有名で人気のレストランAung Thukhaに行きました。

カウンターに並べられている鍋の中から欲しいものを指差し注文。

一盛りが多いので頼みすぎには注意しましょう!

f:id:firstabroad:20200226013619j:image

 

ビルマ風カレーを2品、もやしナムルを1品、野菜の和物が1品、ライスを1品ずつ注文しました。スープはサービスで提供されるようです。ビルマ風カレーはルーが脂っこく、お腹を壊しやすいらしいので、中の具材だけを食べました。ご飯との相性がバッチリで美味しかったです。ちなみにライスのおかわりは無料なので、食欲旺盛な人にはぴったりだと思います。

2人で14070チャット(約1055円)でした。

f:id:firstabroad:20200226013533j:image

 

15:00

ヤンゴン最大の市場、ボージョーアウンサンマーケットに来ました。ここで友人にコーヒー豆を買って帰ることにしました。お土産になるものはたくさんあるので、ここで買うのもありだと思います。

市場内には、日本語でしつこく話しかけてくる人がいるので一切無視しましょう。相手にすると、観光客価格、いや、日本人価格をふっかけてきます。決して相手にしないように。

f:id:firstabroad:20200226013841j:image

 

16:00

ミャンマー国鉄に乗って学生街に向かいます。国鉄に関しては別の記事で詳しく紹介します。
f:id:firstabroad:20200226013825j:image

 

ヤンゴン大学が近くにあったので下校中の学生がちらほら見受けられました。この近くにはショッピングモールもあるので買い物には困らないと思います。特に観光スポットはないので、街歩きがメインになると思います。
f:id:firstabroad:20200226013813j:image

 

19:00

中心地から東へ約1㌔㍍離れたレストラン、"Thai 47"に来ました。名前の通り、タイ料理屋です。

f:id:firstabroad:20200226013857j:image

 

特に美味しいと思ったのは写真左のオムレツです。卵焼きに味が非常に似ていて美味しかったです。真ん中のものと右のものは唐辛子がきいていて、舌がしびれました。
f:id:firstabroad:20200226013802j:image

 

21:00

スーレーパゴダに戻ってきました。パゴダは昼とは全く違うムードを醸し出しているので面白いです。パゴダに2回訪れるのもディープな楽しみ方だと思います。

f:id:firstabroad:20200226013956j:image

 

まとめ

ミャンマーヤンゴン市内の大まかな観光は1日で十分だと思います!パゴダを昼と夜の2回見たい人や、歴史好きで寺院をじっくり見たい人は2日ぐらいかけてもよいかもしれません。

読んでいただきありがとうございました!

ヤンゴン2 【酷】ベトジェットで秘境ヤンゴンへ

みなさん、こんにちは!今回は前回の続きです。今回はベトナムノイバイ国際空港からミャンマーヤンゴン国際空港までベトジェットで向かいたいと思います。

ベトジェットといえば、ベトナム旅行のときに最安値航空券として出てくることが多いです。しかし、いくつか酷い対応があったので、ここで紹介しておきたいと思います。

結論から言いますと、

  1. ゲート変更が鬼畜ゲー
  2. 機内環境

です。

では、ノイバイ空港からヤンゴン着までの流れを時系列に紹介していきます。

 

今回はベトナムには入国せず、制限エリア内で約2時間30分を過ごしました。館内は縦長いので、ゲートの場所はしっかり確認しておきましょう。

f:id:firstabroad:20200225020329j:image

 

最初の出発地の関空で2枚とも発券してくれました。同じ航空会社の乗り継ぎだと、乗り継ぎ地からの航空券も発券してくれるので、1回分チェックインが短縮できます。そしてなによりも一度入国する必要がないこと。そうでない場合、乗り継ぎ時間に余裕のあるチケットを予約しましょう。

VJ917 16:30発 ハノイヤンゴン

f:id:firstabroad:20200225020352j:image

 

特に制限エリア内に遊ぶところはないのでお昼ご飯をフォーを食べて時間を潰します。左の皿に乗せてあるのは薬味です。私は最初それをただの野菜だと思って全てお椀の中にぶち込んでしまったのですが、これが大失敗。後で調べると唐辛子の一種だったのです。

お値段は空港価格でスプライトと合わせて1,000円ほどでした。
f:id:firstabroad:20200225020343j:image

 

お昼ご飯を食べ終わり、ゲートに向かおうとしたのですが、ゲート変更がありました。

チケットには35番搭乗口と書いてあったのですが、20番搭乗口に変更されました。35番と20番は館内の端と端なので、頑張って歩きます。。

f:id:firstabroad:20200228200358j:image

 

20番ゲートに着いたその時...!!新たなアナウンスがありました。「ゲートは35番ゲートに変更された」と。

さっき来たところをまた折り返さなければならないはめになりました。本当に遠い。。。

 

待合ベンチに余裕があったので、体を横にして寝ていました。

定刻より20分遅れで搭乗開始です。

f:id:firstabroad:20200225020400j:image

 

今回の機体です。
f:id:firstabroad:20200225020410j:image

 

機内は予想していたよりも欧米人が多かったです。他の日本人もちらほら見かけました。

搭乗率は8割ぐらいでした。

f:id:firstabroad:20200225020422j:image

 

機体はA320でした。LCCでも、路線需要によって大きい機材と小さいのを使い分けているようですね。

f:id:firstabroad:20200225020522j:image

 

座席ピッチは相変わらずです。
f:id:firstabroad:20200225020535j:image

 

中でも酷かったのがコレ。ゴミがこのように落ちておりました。正直、機内の最低限の清掃はして欲しかったです。
f:id:firstabroad:20200225020509j:image

 

テーブルは背面テーブルですが、前後に動かすことはできます。しかし、LCCなので前後に動かす余裕などまるでありません。

f:id:firstabroad:20200225020552j:image

 

リクライニングに関しても気持ち程度にしか倒れません。エアアジア系よりも倒れません。正直2時間程度のフライトなら倒さなくてもよいレベルだと思います。
f:id:firstabroad:20200225020613j:image

 

トイレはシンプルなデザインで使いやすかったです。

f:id:firstabroad:20200225020823j:image

 

ここでワンショット。ハノイの空港になぜか南米の飛行機が来ていました!南米からの便はないはずです...!
f:id:firstabroad:20200225020728j:image

 

離陸体制が終わると入国カードと体調確認カード(?)を渡されました。

カードを書く時に、私はボールペンを持っていなかったので、隣に座っていたベトナム人にペンを借りました。

この人がこれからの旅の流れを左右するのは思ってもいませんでした...
f:id:firstabroad:20200225020717j:image

 

体調確認カードの裏には、新型コロナウイルスに関することが書かれていました。何が書いてあるかは分かりませんでした。
f:id:firstabroad:20200225020704j:image

 

2時間半弱のフライトを終えてヤンゴン国際空港に着陸いたしました!

これからタクシーを使って知り合ったベトナム人とホテルに向かって明日の観光に備えて寝ようと思います!

f:id:firstabroad:20200226012929j:image

 

読んでいただきありがとうございました!